“大損しない”投資術 資金管理で安定した投資をしていきましょう!

[voice icon=”https://smartbitnews.com/wp-content/uploads/2018/03/shutterstock_757616566-1.jpg” name=”Q君” type=”r line”]ビットコイン投資って正直怖いんだよね。。[/say]

ビット君

どうして??
[voice icon=”https://smartbitnews.com/wp-content/uploads/2018/03/shutterstock_757616566-1.jpg” name=”Q君” type=”r line”]たまに暴落するし、なんか信用できないって感じ。。[/say]

ビット君

実はその不安は自分の“考え方”や“捉え方”次第で解消できるよ!

なぜトレード中に不安を感じるのか?

ビットコイン投資に限らず、投資をしているときに「これで大丈夫かな」や「ちゃんと上がってくれるかな」など不安に感じる方も多いと思います。しかし、投資において不安に感じてしまう人にはある共通点が存在します。その共通点とは一体どのようなものなのでしょうか。

投資額に余裕がないから

 そもそも不安を感じる原因として、投資額に余裕がないからという可能性があります。10万円を元手とする人が5万円を投資するのと、100万円を元手にする人が5万円を投資するのは、残っている資産という意味で余裕の度合いが全然違います。

 ましてや、借金をして投資をするなどというのは厳禁です。仮に失敗して投資額が回収できなかったとしても大丈夫という余裕をもって投資をすることが望ましく、そのためにはある程度余裕を持った資金を用意する必要がありますね。

リスクを取りすぎているから

 トレード中に不安に駆られる人は必要以上にリスクをとっている傾向にあります。当たり前ですが、ギャンブルのようにうまくいくかわからないことをしていれば不安になるのは当たり前です。

 しかし、実際にトレードをする前に、自分がしようとしている投資のリスクをきちんと判断し、きちんとリスクを考慮できていれば不安を感じることが少なくなり、むしろどのような結果が出ても受け入れられる自信を持った投資家になることができます。

 では、なぜ私たちは投資の際にリスクを取りすぎてしまうのでしょうか。その答えとして考えられるのは、目の前の一回で成果を上げなければならないというマインドセットです。

 具体的には、10万円を元手にした取引で、「今日の取引で12万円にできたらいいな」や「12万円にしなきゃ」といった気持ちで取引をしているような状態です。

 その時その瞬間に大きな利益を上げようとするのは、まさしくギャンブルで大金をかけたり、宝くじを買うようなことと同じです。

 安定した投資を行うのに必要な気持ちとしては、元手10万円に対して、1万円でも上がるのを積み重ねていこうという、長期的に利益を出していくという視点です。

 例えば、収益を得られる確率が51パーセントの投資を継続的に行っていくといったような投資の方法です。目の前の2回や3回は負けが続くかもしれませんが、長期的に、そしてある意味ロボットのように投資を行っていれば、結果的にプラスとなる投資を行えるはずです。

 長期的な視点を持って、今後収益が出るか出ないかを見極めた、冷静な投資をしてみてください。

負けた際に出す損失額が決まっていないから

 また、投資で人を不安にさせる要因として、損失額が決まっていないというのがあります。もしあなたが10万円持っていたとして、この10万円で投資をしようとだけ考えていると、むしろその10万円を失うことに目がいき、不安になります。

 ところが、あなたが「今日は2万円まけたら終わりにしよう」といったいような明確なルールをもとにトレードをしていれば、損失を具体的に把握でき、全体が見渡せた、落ち着いたトレードを行うことができるでしょう。

 損失額を決めておくという方法は、知らなかった方も多いのではないでしょうか。投資で怖いのは損失した額を取り戻そうとして、一気に大金を投じてしまうことです。しかし、短期的にみて損失が出るのは仕方のないことなのですから、成功したり、失敗したりを繰り返していく中で、結果一定期間内でプラスになっているかどうかを確認する必要があります。

 そのためにも、このくらい損失を出したら今日は終わりにしようというルールを作り、負けてもいいと負けることを自分の中で認めてあげて、不必要な損失を出さない工夫をしてみてください。

リスク減らすにはどうしたらよいのか

 投資をする上での心構え等はたくさんありますが、実際に投資をするときにリスクを減らすコツがいくつか存在します。このコツをつかむと、投資で大損したなどということもなくなるかもしれません。

投資タイミングをずらす

 1つ目のコツとしては、投資のタイミングを」ずらすことです。例えば、一度に10万円を投資するのと、5万円ずつ半月ほどずらして投資をするといった方法です。

 もし一度に投資をして、その直後価格が暴落してしまったら取り返しがつかなくなってしまいます。しかし、初めに5万円からスタートしていたら、仮に価格が暴落しても残りの5万円は無事に確保することができます。

 この考え方はこれからご案内する資金を3分割するという方法と似た考え方です。この考え方を持つことができると、投資へのプレッシャーが軽減できるでしょう。

投資金額を小さくする

 またそもそもの方法として、投資金額を小さくするという方法があります。言い換えると、必要以上の投資をしないということです。

私たちはチャンスがあると思うと、身の丈以上の金額を投資して一獲千金を狙いに行ってしまいます。しかし実際に大金をかけてしまうと私たちは不安になるものです。どんなに収益を上げられると思っていても、「最悪失ってもいい」と思える金額以上を投資するのはお勧めできません。

あらかじめ損切の設定を作る

 また、先ほどのご案内にもありましたが、損切の設定を確固たるルールとして作るということです。これによって不必要な損失を抑えることができます。

 ちなみに、この考え方は投資だけではなくバカラなどのギャンブルをする際にも有効です。ギャンブルで大金を摩ってしまう人の特徴として、損切の設定をしておらず、いつまでも一獲千金を夢見てかけ続けて、結果資金を失うといったようなことです。

 一回の取引で負けてもいい金額をきちんと設定して、冷静に投資をできると自ずと成果も出てくるのではないでしょうか。

解決策:資金管理を徹底しよう

資金を3等分する

 まず、あなたの投資資金を3つに分けます

例えば、元手が10万円であるならば、[4万/3万/3万]といった具合です。この3つに分けた資金は全く別のタイミングで投入します。つまり、3回投資の判断をする機会をつくるということです

 これがなぜメンタルに良いのでしょうか。具体的なシーンを見てみることで、実感できるのではないでしょうか??

シーン⓵ 購入後、すぐに価格が下がった

分割ナシの場合

 一度に10万円分買っていたら、損失が膨らむ一方となります。さらに大きな損失を抱えるかもと恐怖に陥ります。

3分割していた場合

 価格の下落による損失額は3分の1になるため、不安は小さくなります。さらには、下落することで、次の3万円をつかって安値で投資できます。したがって、下落するほど有利になってくのです。

シーン⓶ 購入後、上昇したが下落しそう

分割ナシの場合

 一端価格が上がったときに含み益がでますが、どこで決済したらよいのかと不安になります。 なぜなら、その価格から下落すれば、あなたの資金はその影響を一気に受けます。

 もし、本当に下落した場合、決済すればよかったと後悔し、次の投資に響いてしまうでしょう。

3分割していた場合

 上昇した際も落ち着いてみていられます。なぜなら、現時点で利益が出ている上に、たとえ下落しても、安値で買い足すチャンスだと捉えることができるからです。

資金管理はメンタルへの特効薬

 このように資金を分割して管理をすることで、価格の下落を味方につけることができるのです。ここで今回ご案内した資金管理のメリットについてまとめていきます。

リスクを減らせる

まずは価格の急落など突然の事態にも対応しやすくなります。これは10個の卵を一気に運ぶと落としたらすべてがだめになってしまうのを、3個、3個、4個といったように分割して少しづつ運ぶことで落下のリスクに備えるといったようなイメージです。

メンタルへの効果が大きい

資金管理を適切に行うことで、上昇と下落のどちらも味方につけることができるのです。そして精神的に安定した投資ができるようになっていきます。つまり、価格が上がっても下がっても大丈夫な投資スタイルになるのです。

投資への不安がなくなる

 そしてこのような工夫を積み重ねていくことで、投資への不安がなくなていき、自信を持った投資を行うことができるようになります!

ビット君

みなさんも無理をせず、精神に負担をかけず、投資をしてみてください!