仮想通貨で未来予想!?

 

ブロックチェーンの技術って「多くのサービスに応用が利き、新たな形のサービスを生み出すことに貢献している」って聞いたんだけど本当?

Q君

ビット君

本当だよ! 紹介したいことはたくさんあるけど、今回は賭け事市場でのブロックチェーンについてご案内します!

予測市場の発達

賭け事といっても様々な種類があります。そのなかでも、仮想通貨が大きく貢献する分野は「予測市場」であるといわれています。予測市場とは、「未来の出来事」を予想して賭ける場所のことです。

例えば、「大統領選の結果」「日経平均は今年中に30000円を超えるか」などを予想します。予想が当たれば配当がもらえるという仕組みになります。

このように、仮想通貨は予測市場と相性が良いのです。

仮想通貨を使うメリット

仮想通貨と予測市場はとても相性がよくメリットも多く存在します。

第一に、ブロックチェーンを用いて開催される予測市場は閉鎖することができないという点です。これはビットコインを禁止できないことと理由は同じです。主催者を持たないため、明確に規制することができないのです。

第二に、胴元(主催者)無くして賭け事を行うことができる点です。 従来の予測市場では、胴元に対して、参加料を納めて賭け事に加わります。このため、利益が減り、勝ちにくくなってしまいます。

一方、ブロックチェーンと仮想通貨を用いた予測市場では、胴元がいないため、余計なコスト無しで、参加できるようになるのです。

専門知識がお金に代わる場

予測市場は単なる賭博場ではありません。なぜなら、賭けたゲームの結果は、全てが運まかせなのではなく、分析によってある程度予測ができるからです。つまりまったくの素人より、知識をもつ専門家の勝率が高くなるということです。

すなわち予測市場が、「専門知識をお金に換える場」であるといえます。

まとめ

ブロックチェーンや仮想通貨は、従来の予測市場の在り方を変えるでしょう。そして、ユーザーにとって透明性があり、平等な賭け事ができるよう貢献していくとみられています。実際にこのような予測市場の実験を行っている仮想通貨として、*Auger*があります。

以下の記事では、それぞれについて詳しくお伝えしています!

Auger については以下の記事で詳しくお伝えしています↓

Augur(オーガー)とは