ビットコインの取引 オススメの取引所ビットフライヤー

ビットコイン取引所ってどこにすればいいのかな??

Q君

ビット君

おすすめはビットフライヤーです!
そうなんだ! でもどうしてその取引所なの??

Q君

ビット君

それはたくさんのポイントがあるんだ! 今回は仮想通貨取引所の選び方についてご案内します。

 

取引所を選ぶポイントについて

取引所ってたくさんあるからどれを使ったらいいのかわからない~

Q君

ビット君

そしたらまずは取引所の選び方をご案内するね!

 ビットコインの取引所はたくさんあって、どこの取引所で口座を開設するか悩みますよね。そこで、取引所を選ぶポイントとして、

  • ユーザー数
  • セキュリティ体制
  • 取扱い通貨

この3点を見るのがおすすめです。この3点を考慮したうえで私たちがオススメする取引所はビットフライヤー(bitFlyer)です。まずはどうしてこの3点に注目すべきなのかご説明します。

ユーザー数

 取引所においてユーザー数は非常に大事な指標になります。そもそも取引所では、取引所を介してユーザー間で取引を行っているからです。そのため、ユーザーが多いと売買の回数が増えます。これによりビットコインを購入がスムーズに行うことができ、取引にかかるコストを少なく抑えることができるのです。

セキュリティ体制

 セキュリティ体制も取引所を選ぶうえで重要な材料になります。最近起きたコインチェック(Coincheck)の仮想通貨流出事件をご存知の方も多いかと思います。この事件では、大手仮想通貨取引所コインチェックのシステムがハッキングされ、顧客の仮想通貨ネム(NEM/XEM)約580憶円相当が流出しました。この事件は、2014年のマウントゴックスのビットコイン流出事件の被害額被害額約470億円を超え、過去最大の事件になりました。このような大規模な事件が仮想通貨界で起きているため、被害を被らないためにもそれぞれのセキュリティ体制を考慮して取引所を選ぶことは極めて重要なのです。

ビットフライヤーなどの仮想通貨取引所のセキュリティ対策についてわかりやすく解説した記事はこちら↓

ビットコインの取引所は安全なの? ~セキュリティについて~

取り扱い通貨の種類

 取り扱っている仮想通貨の銘柄も重要な判断材料になります。しかし、単に種類が多くてもどれに投資していいのかわからなくなってしまいます。

大切なのはイーサリアムとビットコインキャッシュが扱われていることです。

これら2つの仮想通貨はその他の仮想通貨と比べて人気の銘柄なので、これらを扱っている取引所がおすすめです。

 

ビットフライヤーについて

そしたらさっき言ってたビットフライヤーってどんな特徴があるの??

Q君

ビット君

ビットフライヤーにはたくさんのいいところがあるんだ!

 はじめに述べたように、私たちがおすすめする取引所はビットフライヤー(bitFlyer)です。ご存知でない方にもわかり易いようにビットフライヤーについて紹介していきます。

基本情報

ビットフライヤーは取引量日本1の大手仮想通貨取引所です。取り扱い通貨はビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、イーサリアム(ETH)、イーサリアムクラシック(ETC)、ライトコイン(LTC)、モナコイン(MONA)、リスク(LSK)の7種類です。セキュリティ面で非常に優れており、強固なセキュリティ体制がビットフライヤーの強みです。

ビットフライヤーの株主について

 こちらはビットフライヤーの株主です。多数の有名企業から支持されています。

引用 https://bitflyer.com?bf=bq23ahob

 また、株式会社ビットフライヤーの株主にはメガバンク系列の企業が多く含まれており、同社は潤沢な資金を確保することができています。
具体的には、SBIホールディングスが関連企業であるSBI investmentや、三菱東京UFJ銀行が関連企業になっている三菱UFJキャピタル株式会社などが株主になっています。

 また、このような大手の銀行グループが株主として仮想通貨に関わっているということで、仮想通貨業界の持つ可能性の大きさがわかりますね。

なぜビットフライヤーがおすすめなのか

 私たちがなぜビットフライヤーをおすすめしているのか、ビットフライヤーの長所を踏まえて紹介していきます。

ユーザー数が国内No.1

 ビットフライヤーはユーザー数が200万人を超えており、国内No.1の取引所です。上でも言及したように、ユーザー数が多いほどビットコインの購入をスムーズに行うことができ、取引にかかるコストを少なく抑えることができるので、取引所においてユーザー数は大切な指標になります。

取引高国内No.1

 下の図は日本におけるそれぞれの取引所のビットコイン取引高を示しています。この図からわかるように、ビットフライヤーはビットコインの取引高が日本一です。
世界のビットコイン取引量のおよそ6割を占める日本ですが、ビットフライヤーははその日本のビットコイン取引量の7割以上を占める、非常に大きな取引所です。ビットコインの取引は流動性が大切で、そのためにはビットコインの流通量(取引高)も大切な指標になります。

引用 https://www.cryptocompare.com/coins/btc/analysis/USD 

補償制度

 ビットフライヤーには不正出金被害の補償サービスがあります。メールアドレスやパスワード等の盗取による不正な日本円出金の被害にあった場合、その被害額に対する補償をしてくれます。こちらはビットフライヤーの二段階認証に登録しているユーザーを対象としており、預かり資産の合計が円換算で100万円以上のユーザーには500万円まで、それ以外のユーザーには10万円までを補償上限金額としています。このような補償制度は他の取引所にはないサービスです。

「ビットフライヤー公式ページ:【メールアドレス・パスワード等の盗取による不正な日本円出金に伴う補償について】」 

ビットフライヤーは万全のセキュリティ

ビットフライヤーが一番秀でているのはどんなとこなの?

Q君

ビット君

一番はセキュリティーかな

 ビットフライヤーの強みは、なんといってもセキュリティーの強さです。ビットコインなどの仮想通貨はバーチャルな通貨であり、セキュリティーの甘さが命取りになります。ビットフライヤーのセキュリティーの強固さを紹介していきます。

世界一のセキュリティ

 ビットフライヤーのセキュリティ体制は世界でも評価されています。bitFlyerの代表取締役である加納裕三氏がツイートをしていましたが、アメリカの大手ソフトウェア企業Sqreenがおこなった調査によると、ビットフライヤーのセキュリティの評価は7/10点で世界一と評価されています。

引用 https://blog.sqreen.io/cryptocurrency-exchanges-security/

金融庁が認可した取引所

 2017年9月29日をもって、金融庁の定める仮想通貨交換業者として登録が完了しました。

 金融庁の許可を得ているということは、セキュリティーに問題がなく安心・安全に取引ができると保証されたということになります。ちなみにコインチェックは金融庁の許可を得ていませんでした。

仮想通貨をインターネットから切り離して保管

 ビットフライヤーでは、全仮想通貨の80%をインターネットから切り離して保管しています。その為、ハッキング被害にあった場合でも仮想通貨に被害が及ばないためとても安心です。

様々な種類のサイバー攻撃を考慮し、対策済み

 ビットフライヤーは、あらゆる種類のサイバー攻撃を想定した対策をおこなっています。様々な種類の攻撃に対応したプログラムと万全な対策が施されており、安心して取引をすることができます。

「ビットフライヤー公式ページ 【セキュリティ対策について】」

初めての取引にはビットフライヤーがおすすめ

Q君

ビット君

  

 仮想通貨の取引を初めてする方には、ビットフライヤーで取引することをおすすめします。初心者にとってビットフライヤーの魅力的な点を紹介します。

ビットコインの取引に強い

 まず、ビットフライヤーはビットコインの取引に非常に強いです。

他の取引所と比べ手数料が安く、ユーザー数の多いビットフライヤーはビットコインの取引に最適です。

6種類のアルトコインを取引可能

ビットフライヤーでは以下の6種類の仮想通貨を取引することが可能です。

これらの仮想通貨は、金融庁が認めた安全な通貨であることを前提に選定されています。この取り扱い通貨数の少なさは、安全性を確保した結果なのですね。

デモモードで取引の様子を体験できる

 ビットフライヤーでは、デモモードで取引の様子を体験することができます。実際にビットフライヤーユーザーが取引する画面を見ることができ、取引の様子をじっくり見ることが出来ます。初心者にはとてもありがたい機能です。

 このデモトレードでは、実際の購入までの手順を踏むことができ、気に入った場合はすぐに無料の口座開設が可能になっています。

引用 https://bitflyer.com?bf=bq23ahob

 まずはこちらのリンクから、ビットフライヤーの公式サイトを開きます。開いた画面で下へスクロールしていくと、「ビットコイン販売所へ」というボタンがあるので、クリックします。

 すると、実際の取引所と同じ画面が現れますので、自由に操作をしてみてください。これは実際の取引所の口座ではないので、コインを売るやコインを買うのボタンをクリックしてもコインは売買されませんので安心してください。

引用 https://bitflyer.com/ja-jp/

ビットコイン決済の利用には、ビットフライヤーが便利

 現在普及が進んでいるビットコイン決済ですが、利用にはビットフライヤーが非常に便利です。

ビットフライヤーと提携する店舗が増加

 ビットフライヤーでビットコイン決済ができる店舗が国内で増加しています。

以下の店舗でご利用になれます。

引用 https://bitflyer.com/ja-jp/

支払いはビットフライヤーのアカウントが必要

 支払いにはビットフライヤーのアカウントが必要になります。ビットフライヤーのビットコイン決済が最も普及しているため、他の取引所のアカウントを持っていても支払いに使えない可能性が高いからです。とりあえずビットフライヤーの口座を持っていれば、取引だけでなく将来的にビットコイン決済にも利用できるので便利です。

支払いの際、手数料はタダ

 ビットコインの送金には手数料がかかりますが、店舗でのビットコイン決済の際は手数料がかかりません。既存の支払い方法と同様に利用することができるのです。QRコードを利用して決済をおこなうので、むしろ既存の支払い方法よりも楽に決済することができます。

支払い方法は簡単でとっても便利

 ビットフライヤーが提供するQRコードを用いたビットコイン決済にはとても便利な機能があります。通常ビットコインを送金するには送金金額を入力しなければなりません。そのため、従来のビットコイン決済ではパスモなどの電子マネー決済の方が便利だという現実がありました。

 しかし、送金価格を入力する手間が省かれたビットフライヤーのビットコイン決済では、この不便さが解消されます。この機能を生かして、今後ビットフライヤーが提供するビットコイン決済システムが広がっていきそうですね。

 具体的にビットコイン支払いをする方法については、こちらの記事をご覧ください。

ビットフライヤーの口座でビットコイン支払いをする方法

簡単5分で口座開設

 ここまで記事を読んで頂きありがとうございます。ビットフライヤーの良さを分かって頂けたら幸いです。今回紹介したビットフライヤー、実は5分で簡単に口座を開設することが出来ます。

これからビットコインを購入する方向けに、具体的な口座開設方法を画像付きで丁寧に解説した記事はこちらです↓↓

ビットフライヤー(bitFlyer) での口座開設方法! 初めから丁寧に

 

↓ビットコインの購入はこちらから↓
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で