BTC取引で借金? -損失時の自動決済システム-

 

投資ってさ、ミスしたら借金とかになりそうで怖いよ~!

Q君

ビット君

確かに不適切な投資を続けていると借金を背負ってしまう可能性はあるよね
その点はビットコイン投資も同じだよね??

Q君

ビット君

実はビットコイン投資では借金を負いづらいシステムがあるんだよ!

借金を抱える可能性

 仮想通貨投資で、あなたが借金をかかえることはあり得るのでしょうか。レバレッジをかけた取引で、最大、持っている金額の5倍までのビットコインを買うことができます。

レバレッジをかける取引とは? レバレッジってそもそも何?? 

つまり、1万円しかもっていなくても5万円分のビットコインが買えるのです。したがって、利益も損失も5倍になりますね。

損失を出した場合を考えます。

あなたは1万円を元手に投資しています。

通常の取引で

  • 5000円損失 とします

つまり↓↓

  • レバレッジ2倍だと 10000円損失➘➘
  • レバレッジ5倍だと 25000円損失➘➘➘➘➘

通常の取引ならば損失は5000円で済みます。一方、5倍のレバレッジで取引していると、損失は25000円にもなりますね。

あれ!?もともとあなたは1万円しか持っていないんだよね? どうやって、25000円払えばいいの?

Q君

[voice icon=”https://smartbitnews.com/wp-content/uploads/2018/03/shutterstock_757616566-1.jpg” name=”Q君” type=”r line”]まさか借金を抱えてしまうの?? [/say]

ビット君

そんな時に取引所の出番です!

取引所があなたを守ってくれる

 実は取引所は、あなたが全資産を失わないよう守ってくれます。これが「強制ロスカット」の意味になっています。

具体的に見ていきましょう。

  • 仮にあなたが1万円を投資しています。

    また5倍のレバレッジをかけて取引しています。

    するとBTCの価格がさがり始め、-3000円、

    -6000円と徐々に損失が膨らんできました。

➡ それを見た取引所は、あなたの損失額が1万円を超える前に自動で決済してくれます。

これがあなたを借金から守る仕組みなのです。これを「強制ロスカット」と呼びます。

ちなみに各取引所で強制ロスカットをする基準が異なります。Coincheck の場合、あなたの投資額の50%の損失を出した時点で自動的に決済されます。つまり先ほどの例ですと、5000円の損失で自動的に決済されるのです。
他にも、ビットバンクトレードの場合は80%を失った時点で強制的に決済されます。

↓ビットバンクの口座開設はこちらから↓

まとめ

 このように強制ロスカットとはユーザーの資産を守り、借金を抱えることのないようにしステムのことを指します。取引所によっては、強制ロスカットが遅れた際に、「追証」という借金を請求してくるケースもあります。

しかし、これは事前にWEBで調べることができ、「追証ナシ」を売りにした取引所を選ぶことで安全にトレードできます。

ビット君

チャンスで大きく勝てるよう、ルールを理解し、準備ができるといいですね!