異なる取引所にビットコインを移動するにはどうするの??

 

ビットコインを別に持ってる取引所に移したいんだけど、どうしたらいいのかな??

Q君

ビット君

それは、送りたい取引所に向けて送金すれば大丈夫だよ!

移動にはビットコインの送金で対応

 保有しているビットコインを送金することで、他の場所に送ることができます。この送金という作業では、ビットコインにしかない特徴があります。

ビットコイン送金について

 ビットコインを移動させるとき、取引所間でビットコイン自体を送金するという方法があります。すでに使っている口座から別の口座にビットコインを送ってあげるということです。

 

送金手数料について

 送金をするには、取引所に取引手数料を支払う必要があります。ビットフライヤーは0.0004BT、ビットバンクは0.001BTCの手数料がかかります。

送金方法について

 送金する通貨によって、送金速度がとても速い通貨や、取引手数料が安い通貨など、その特徴は様々です。

 詳しい送金手順は以下の記事でご案内しています。

ビットコインの送金方法とは?  ~ビットフライヤー編~

アルトコインの送金について

 アルトコインとはビットコイン以外の仮想通貨を指します。リップルやイーサリアムなどがそれにあたります。では、このアルトコインもビットコインのように送金することができるのでしょうか。

アルトコインも送金可能

 結論をご案内すると、アルトコインもビットコインのように送金するすることができます。イーサリアムやビットコインキャッシュ、リップルなどすべてのアルトコインを送金可能です。

アルトコインの送金手数料について

 アルトコインの送金でも取引手数料を支払う必要があります。イーサリアムが0.005ETH(500円)、リップルが0.15XRP(15円)ほどで送金が可能です。

 現在、海外に貨幣を送金する場合着金までに3日間、手数料が約5000円かかってしまいますが、この価格で国内外に送金できたらうれしいですね。

アルトコインの送金手順について

 ビットコインと同じように送金できるアルトコインですが、こちらの記事ではアルトコインの送金方法についてご案内しています。ビットフライヤーでのアルトコインの送金方法をになっているので、ビットフライヤーに口座持っている方も、これから口座を開こうかなと考えている方も、ぜひ参考にしてみてください!

自分専用のウォレットを作る方法

 ここまでのご案内では、取引所でビットコインなどの仮想通貨を管理し、送金する方法をお伝えしてきましたが、ほかにもビットコインを管理し、送金する方法があります。

 取引所を介さずにビットコイン取引をするにはどうしたらよいのでしょうか。

スマートフォンで保管する方法

 Blockchainというアプリを使って、ビットコインを管理することができます。このBlockchainは、仮想通貨を管理するウォレットで、個人間のビットコインの受け渡しや、ビットコイン決済が可能なお店でビットコイン支払いをする際に使うことができます。

このBlockchainは取引所ではないので新たなビットコインを購入することや、日本円に変えることはできません。あくまでも持っているビットコインを入れておくお財布のような存在です。

 

MEMO

(App名: Blockchain Wallet、デベロッパ: Blockchain

https://itunes.apple.com/jp/app/blockchain-wallet/id493253309?mt=8

パソコンで保管する方法

 スマートフォンと同じように、パソコン上でもビットコインを管理することができます。以下のリンクから入り、アカウントを作成しビットコインを取引所などから送金すれば完了です。

パソコンでウォレットを作成する方はコチラから↓↓

https://blockchain.info/ja/

実際の作成手順についてはこちらから

 簡単とは言うものの、慣れないものを扱うので不安という方もいらっしゃるかと思います。Blockchainの作成手順を開設しているサイトをご案内しますので、参考にしてみてください。

blockchain ウォレットの作成方法はコチラからご覧ください↓↓

https://xn--78j2ayab5g683tvm0atzcx31l5iau63a.com/459.html

Blockchainウォレットでの管理について

 では、取引所などでビットコインを管理せずBlockchainを使うのにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

メリット① 送金手数料が安い

  現在みなさんがビットコインを管理している取引所間で送金すると、500円ちかくかかってしまうのに対し、Blockchainウォレットを使うと送金手数料が最安で3円になります。取引所間の送金でかかる費用の大半は、その取引所の収益となっているのでなるべくなら避けたいものですよね。Blockchainを使うことで、法定通貨の送金手数料よりやすいビットコインの長所をより生かすことができます。  

メリット② 安全性を高められる

 ハッカーはどうせハッキングするなら大きなお金が眠っている場所を攻撃しようと考えます。強盗がお金がありそうな大きな邸宅を狙いたくなるのと同じ考え方です。仮想通貨取引所はたくさんのユーザーの仮想通貨を抱えています。仮想通貨を狙いたいハッカーにとってこれほど良い場所はありません。

また、スマホをオフラインにしていれば完全にハッキングからビットコインを守ることができます。

注意点 パスワードの管理は必須

 せっかくBlockchainでビットコインを管理していても、Blockchainに入るためのパスワードを忘れてしまっては元も子もありません。私たちがおすすめするのは、スマホの中に入っているパスワードを一括管理できるアプリです。

 大切な資産の管理も、このアプリで万全の対策をしましょう。

分散した仮想通貨を一括管理するアプリ

 仮想通貨投資でリスクを減らす方法として、複数の取引所に仮想通貨資産を分けるという方法があります。この方法では、もし一か所の取引所がハッキング等にやられても、あなたの仮想通貨資産すべてが失われる可能性がなくなるからです。

 しかし、複数の取引所に分かれた仮想通貨をそれぞれ管理するのは面倒くさいですよね。こちらでは、そのように複数個所に分かれた仮想通貨を一括管理するアプリをご案内します。

分散した仮想通貨を一括で管理する

 

 このCoinboardというアプリでは、分散した仮想通貨を一括管理することができます。このアプリでは取引所の取引履歴と連携していて、あなたが取引所で取引を行うたびに自動でデータを取得し一括で管理することができます。

Coinboardについて

 このCoinboardが対応している取引所は、2018年現在、Binance, bitbank, bitFlyer, Bittrex, Coincheck, Kraken, Liqui, Poloniex, Quoinex, Zaifになります。

 日本でも主要な取引所が入っているので、問題なくCoinboardを使うことができると思います。

  Coinboard の登録はこちらから 

おすすめの取引所3社の紹介

登録ユーザー数が多く、セキュリティ対策が十分に施されている取引所の紹介をします。

各社2行ずつ程度で簡単にポジティブな内容の紹介文を書いてください。細かなデータは必要ありません。

ビットフライヤー(bitFlyer)

 ビットコイン取引量が日本一である大手の取引所になります。また世界でもアメリカ大陸やヨーロッパ大陸などに地域展開ができている世界的にも活躍している取引所になります

↓ビットコインの購入はこちらから↓
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットフライヤー(BitFlyer) での口座開設方法! 初めから丁寧に

 

ザイフ(Zaif)

 ザイフはトークンの販売もしているように様々な種類の仮想通貨を購入することができます。また、取引手数料が-0.01%ということで、取引をすればするほどお得になるという大胆な制度をとっています。

通貨やトークンの取り扱いが豊富なザイフの登録はコチラ↓

ビットバンク(bitbank.cc)

 ビットバンクは手数料が安く、またアルトコインの取引に適した取引所です。金融庁の許可も得ており、ビットコインFX取引に強い取引所となっています。

↓ビットバンクの口座開設はこちらから↓ 

ビットバンクの口座開設方法はこちらでわかりやすく紹介しています。

ビットバンク(Bitbank)*わかりやすい口座開設の手順をはじめから丁寧に*

ビット君

これらを賢く使い、ビットコインを安全に保管し効率よく投資を行いましょう!