ビットコイン 価値はだれが保証する??

仮想通貨って誰も管理していない通貨なんだよね?! だから値段も安定しないし、なんか信用していいのかなって思っちゃう。。

Q君

ビット君

そうだね!そういう意味でビットコインに対してあまりいいイメージをもていない人は多いかな。。
それでも一応通貨として機能しているんだよね。 そしたらビットコイの価値って誰が保証しているの??

Q君

ビット君

実はビットコインの場合は、所有者全員で価値を保証している問ことになるんだ!

日本円の価値は誰が保証しているのか?

 ビットコインは日本円などど同じ通貨です。ではそもそも通貨の価値はだれが保証しているでしょうか。ここでは日本円を例にご案内しています。

日本国が保証している

 日本円は日本国が発行している通貨です。そのため、その価値は日本という国が保証しているのです。これはどの国でも同じであり、現在存在する通貨は必ず国などの、発行機関が存在していて、その国の通貨として価値を保証しているのです。

日本円の価値は日本国が操作できる

 日本円の価値はその管理者である日本国が操作することができます。例えば、日本の金融政策で、日本円の発行量を減らしていけば、必然的に日本円の価値は上昇します。またその逆に、日本円の発行量を増やしていくと、日本円の価値は次第に下落していきます。

 貨幣の管理者があるということは、その貨幣の価値操作をされてしまうというリスクがあるのです。

1万円札の原価は29円

 では日本国はどのように日本円の価値を保証しているのでしょうか。実は日本円の1万円札の原価は29円です。つまり本来の1万円札の価値は29円分しかないのです。ではなぜ私たちは1万円札を一万円の価値があると信じて疑わないのでしょうか。それは、日本国がみんなでこれを1万円の価値があることにしましょうと決めているため、現在も1万円は1万円として機能しているのです。

 これが管理通貨制度と呼ばれるもので、貨幣の実質的な価値が、現在の価値を結びついていないのです。

 では、なぜ1万円札が1万円の価値を持ち続けられるのかというと、それは先ほどもご案内したように日本国がこの紙幣の価値は1万円ですときめているからです。すなわち、日本円は日本国への信用をもとに価値づけされているのです。

ビットコインの価値は誰が保証するのか?

 ではビットコインの貨幣としての価値はだれが保証しているのでしょうか。

保証する人や団体はない

 ビットコインには、日本円における日本国のような、価値を保証する機関や団体がありません。実はビットコインには管理者がいないのです。
このように、ビットコインに管理者がいない場合、どのような弊害が存在するのでしょうか。

問い合わせ先がない

 ビットコインには管理者がいないということは、誰もビットコインに関する事件や事故に責任を持てないということになります。もし仮にあなたがビットコインに関する捜査をして不利益を被ってしまったとしても、だれもそれを解決できないということです。具体的には、送金先を間違えてしまったり、ビットコインをハッキングされて盗まれてしまったときにも、だれも助けることができないのです。

プログラムですべてが決まっている

 ビットコインの基本的な仕組みは最初のプログラムで決められています。ビットコインはサトシナカモトを名乗る人物によって論文で発表され、その後は世間に全く知られない中でその取引を開始しました。その時にはもうすでにビットコインはプログラムでその仕組みが統制されており、だれもそのプログラムを変化させることはできません。そのためビットコインの発行量や発行のペースはだれも変更することができないのです。

管理者がいないことのメリット

ここまで、ビットコインには管理者がいないということをご案内してきましたが、管理者が存在しないことのメリットはどこにあるのでしょうか。

価値を操作されない

 ビットコインはだれも管理をしていない通貨であるので、価格を操作されません。
円やドルでは、その通貨の発行主体が、発行量を調整することで、その通貨の価値を操作することができます。

 しかし、ビットコインの場合、発行量やそのペースは最初のプログラムで決められており、だれも変更することはできません。そのためビットコインの価値が第三者によって操作されることはないのです。

余計なコストがかからない

 ビットコインを貨幣として使うことで余計なコストを削減できます。まずは手数料というコストです。現在、日本から貨幣を海外に送金するには約5000円の手数料がかかります。しかし、ビットコインでは100円以下の手数料で全世界どこでも送金が可能です。もっとも安くては3円で取引可能です。

 また、時間的コストも削減でき、労力の削減することができます。今までは銀行へ行き、書類を書かなくてはいけなかった送金作業も、自宅から瞬時に行うことができます。貨幣を送る送金も、1秒から、長くても1時間で完了し、365日24時間可能です。お金や時間という貴重な資産を割かなくても取引できるのがビットコインなのです。

ビットコインの何が信用されているのか。

 ここまでビットコインはなぜ便利で、だれも価値を保証していないことをご案内してきましたが、ではなぜビットコインはその価値が保証されているのでしょか。

非常に強固なシステム:ブロックチェーン

 ブロックチェーンはビットコイン取引を記録する台帳のようなものです。このブロックチェーンはセキュリティーが非常に強く、改ざんがほぼ不可能といわれています。ではどのようにしてそのような強固なセキュリティーを実現しているのでしょうか。

世界中のみんなで監視

 ブロックチェーンでの取引の記録では、世界中のみんなでその記録作業を監視しています。一連の取引を記録して、記録作業が終了したときに、全員からの承認を得ないと記録作業を完了できないのです。また、ブロックチェーン自体にも改ざんができないような仕組みが備わっているので、不正な取引を行うことや、すでに記録された情報の改ざんなどができないような仕組みになっています。

詳しくはこちらの記事でご案内しています。

ブロックチェーンとは?? どんな仕組みでどんな強みがあるのか

ビットコインのシステムに集まる信用

 ここまででビットコインがなぜ信用されているのかご案内してきました。ビットコインは、金のようにそのもの自体に価値はなく、日本円のように誰かがその価値を保証してくれているわけではありません。人々がビットコインの価値を信用できる一番の理由は、このビットコインを支えるブロックチェーンなのです。

 今後このブロックチェーン技術は、ビットコインや仮想通貨などの世界にとどまらず、様々な場所で活躍が期待される技術です。今後もこのブロックチェーンがどのような活躍を見せるのか期待ができそうです。

ビットコインはどこで手で入れるのか?

取引所で購入する

  ビットコインは取引所と呼ばれる場所で入手することができます。この取引所を利用するにあたって、取引所の口座を開設する必要があります。

口座開設は無料で簡単

  取引所の口座開設は簡単に、無料で行うことができます。また、取引所を開設したからといって、仮想通貨を必ず購入する必要はありません。銀行口座を持っても、必ず入金をしなければならないわけではないのと同じです。

お勧めの取引所はビットフライヤー(bitFlyer)

  ここで私たちがおすすめする取引所はビットフライヤーです。この取引所は仮想通貨の取引量が日本一で、初心者にも安心してご利用いただける大手の取引所です。

以下の記事では、このビットフライヤーの口座開設方法をご案内しているので、ぜひお役だてください。

ビットフライヤー(bitFlyer) での口座開設方法! 初めから丁寧に
逆に管理者がいないからこそのいい点もあるんだね!

Q君

ビット君

そういうこと! そういう意味では、ビットコインの価値はそれを使う人によって(その人たちの需要量など)決まるから、本来あるべき一定の価値になるんだ!

ビット君

皆さんも仕組みをきちんと理解して、安心してビットコイン投資をしてみてください!

↓ビットコインの購入はこちらから↓
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で