芸能人失敗談から学ぶ 仮想通貨で失敗しないための投資方法

日々、大きな値動きを見せる仮想通貨ですが、それを利用して得する人もいれば損をする人もいます。例えば、以前に仮想通貨を買って保有していたのに早々に売ってしまった方は、結果的に投資に失敗したといえます。なぜならば、仮想通貨の価格は日々上下していますが長い目で見れば価格は上昇していると言えるからです。今年と昨年の価格を比較すればそれは一目瞭然です。2017年1月のレートで、1BTC約10万円ほどだった価格が、2018年1月には約200万円にまで価格が大きく上昇しました。このように、仮想通貨市場の動向を見誤ったあまり投資に失敗してしまうといったケースはよくあります。そこで芸能人の投資失敗談についてまとめてみました。過去の失敗談からなぜ人々は投資に失敗してしまったのか分析し、自身の投資に生かしていきましょう。

ロンドンハーツ1号2号 田村淳

ロンドンハーツ1号2号の田村淳さんは、マウントゴックス事件に巻込まれてしまった人物の一人と言われています。マウントゴックス事件とは2014年、当時取引量世界一を誇った仮想通貨取引所マウントゴックスから、65万BTCと28億円が消えてしまった事件です。ハッカーによるハッキング被害によってビットコインが喪失したことに加え、CEOのマルク・カルプレス氏が横領したことが発覚したことで、多くの人々の仮想通貨が紛失してしまいました。最終的にマウントゴックスは破綻してしまい、被害者たちにビットコインが返済されることはなく、多くの人が被害を受けました。

ロンドンハーツ1号2号の田村淳さんが投資に失敗した大きな原因は、利用していた取引場のセキュリティが甘かったということがいえます。ですが、どの取引所においてもこういった事件に巻き込まれてしまうリスクはあります。そのため、信用性の高い取引所を見つけ、利用することがとても大切になります。

ですが、仮想通貨市場はいまだ発展途上で情報も少なく、信頼できる取引所とそうでないところを見極めることは難しいですよね。そこで、私がここで1つおすすめの取引所について紹介したいと思います。ここで紹介したい取引所はビットフライヤー(bitFlyer)です。

↓ビットコインの購入はこちらから↓
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットフライヤー(bitFlyer)は日本国内ナンバーワンの取引量を誇る国内最大の取引所です。二段階認証などセキュリティを強化しており、信頼性の高い取引所といえます。また、利用者の資産の安全性向上のためにビットフライヤー(bitFlyer)は2種類の損害保険を国内大手損害保険会社と契約しています。それよって万が一、資産がなんらかの形で紛失してしまったとしても手厚い保証をうけることができます。

覚えておいてもらいたいのは、どの取引所にもハッキング等の被害に遭うリスクはゼロではないということです。ですので、セキュリティ面はもちろんのこと、取引所の保証内容をもう一度確認し、投資に失敗してしまわないように心がけましょう。

平成ノブシコブシ 吉村

破天荒なキャラクターでおなじみの平成ノブシコブシ吉村さんもビットコインの投資に失敗した芸能人のひとりです。

吉村さんがビットコインの投資を始めるきっかけになったのは、とある番組のロケでした。彼は番組のロケでビットコインの投資アプリ開発を行っている会社へ行くことになったのですが、そこでビットコインが「絶対に上がる」という噂を耳にし、投資をすることを決意しました。彼はさっそく2016年の2月に100万円分投資しました。購入当初は5万円ほどの価値があったようですが、それが4万5千円にまで低下し、結果として10万円分、約1割の損失を出してしまったとラジオ番組で語っています。しかし、2016年の2月に購入したことや現在のレートを考えると、もし売らずに現在まで保有を続けていれば、とてつもない金額になっていたことになります。

平成ノブシコブシの吉村さんの失敗談から学べることとしては噂に惑わされないということです。吉村さんは「ビットコインが絶対に上がる」という噂に流されてしまい、結果として損してしまうことになってしまいました。ですので、みなさんも噂には決して惑わせることなく、自身でよく考えてから投資をするようにしましょう。

また、仮想通貨は値動きの幅が大きいため、投資しようと考えるのであれば、長い目で見ることを心がけましょう。当然、値下がりすることもありますが、焦らずにすぐに売却してしまうのではなく、少し時間をおいてみましょう。価格が過去のような急激に上がることはなくとも、少しずつ上がってくるかもしれません。仮想通貨市場の動向をきちんと見極め、投資で失敗しないようにしましょう。