取引所の口座を2つ以上持つと良いのは本当? *複数開設の4つメリット*

僕、仮想通貨持ってるんだけど、この前複数の取引所の口座をもた方がいいよって言われて、、、

Q君

ビット君

そうなんだ!それがどうかしたの??
今は口座一つしか持ってないんだけど、口座を複数持つ意味ってどこにあるの??

Q君

ビット君

なるほど! そしたら今回は、仮想通貨取引所の口座を複数持つメリットについてご案内します!

複数の取引所の口座を持つ4つのメリット

複数の仮想通貨取引所の口座を持つことにはいくつかのメリットがあります。/p

  • リスクを分散できる
  • 取り扱い仮想通貨の種類
  • 手数料が異なる
  • 裁定取引ができる

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

リスクを分散できる

仮想通貨の取引所の口座を複数もつことの最も大きな理由として、リスクの分散をできることが挙げられます。

ハッキング等による仮想通貨の盗難に備えたリスク管理の手段の一つとして活用できます。

2014年に約65万BTCと約28億円が流出し破綻したマウントゴックス事件、そして最近起きた、coincheckのハッキング被害による日本円にして600億円相当のXEM(ネム)流出など、近年の仮想通貨業界には暗雲が立ち込んでいます。

こういった被害を大きく被らないために一つの口座に保有せず、複数の取引所の口座に分散し保有することで、リスクを軽減することが可能なのです。

様々な仮想通貨を取引できる

取引所によって取り扱っている仮想通貨がそれぞれ異なります。

  取り扱い通貨
bitFlyer BTC, ETH, LTC, BCH, LSK, MONA
bitbank BTC, ETH, XRP, LTC, MONA, BCH
Zaif BTC, MONA, XEM, XCP, COMSA, BCH, Zaif
GMOコイン BTC, ETH, LTC, XRP, BCH
QUOINE BTC, ETH, BCH
BitTrade BTC, ETH, LTC, MONA, XRP, BCH
DMM Bitcoin BTC, BCH, ETH, ETC, LTC, XRP, XEM

上の表からわかるように、ZaifとGMOコインでは取り扱っている通貨では6種類もの差があります。扱っている銘柄の違いは複数の口座開設の大きな理由になります。

 

手数料が有利な取引所を使える

利用する取引所によってそれぞれ手数料が異なります。

  BTC現物取引手数料 BTC信用・先物取引関係 日本円出金手数料 BTC出金手数料
bitFlyer 0.01~0.15% 0.04%(借入手数料/日) 216円~756円 0.0008BTC
bitbank 0% 0.01% 540円~756円 0.001BTC
Zaif -0.01% 0% 350円~756円 0.0001BTC
QUOINEX 0% 0.05% 500円 なし
BitTrade 0.2% 648円 0.0005BTC
DMM Bitcoin 0.04% なし 0.0008BTC

 

上の表のようにそれぞれの取引所で手数料が異なります。取引方法によってもそれぞれ手数料が異なるため、現物取引手数料の安いZaifで現物取引、信用・先物取引(レバレッジ)手数料の安いbitbankでは信用・先物取引をするなど、複数の取引所を利用することには大きな意味があります。

 

裁定取引ができる

2つ目の理由として裁定取引をできることが挙げられます。裁定取引とは、取引所間の価格の違いを利用して、安い取引所で購入した仮想通貨を高い取引所で売買し利益を得ることです。裁定取引はリスクが非常に少ないため、大きな金額を動かす際にも低リスクで利益を出すことが可能です。国内においては、各取引所の仮想通貨相場はあまり変わらないため、複数の国の取引所を利用するのが主流です。

まとめ

仮想通貨の取引所の口座を複数開設することには、大きく4つのメリットがあります。なかでも最も大きなメリットはリスクを分散できるようになることです。

私たちが普段から使っているお金と同様、仮想通貨も自分自身で厳重に管理しなければなりません。リスクをできるだけ減らし、安心して仮想通貨の取引を出来るようにしましょう。

 

↓ビットコインの購入はこちらから↓
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

詳しい口座開設の方法は以下の記事でお伝えしています↓↓ チェックしてみてください↓

ビットフライヤー(bitFlyer) での口座開設方法! 初めから丁寧に