ビットコインのマイニングとは? 初心者でも簡単にわかる、マイニングの仕組みについて

マイニングについて初めから丁寧に

 

マイニングとは一体どのような作業のことなのでしょうか。ここではマイニングの持つ役割とその重要性についてご案内します。

マイニングとはシステム維持に参加すること

マイニングは英語で掘るといった意味の言葉ですが、実際にスコップなので何かを掘っているわけではありません。なぜマイニングという言葉がついたのでしょうか。

 マイニングはビットコインのシステムを維持するための作業です。このマイニングという作業により、ビットコイン取引は安全かつ正確に行われています。

マイナー同士で監視している

マイニングは簡単に言うと、取引記録をつけることです。この取引記録をつける際に、パソコンを使って複雑な計算を行い、ハッシュ値と呼ばれる値を算出します。つまり、ビットコインの取引記録がハッシュ値に置き換わるというわけです。

ここで大切なのは、答えとして算出されたハッシュ値が正しいものか世界中のマイナーで確認を行います。(検算みたいなイメージ)その後このハッシュ値は正しいと承認されると、見事マイニングが完了です。

注目したいのは、取引を記録するという大切な作業が世界中に公開されていて、全員でチェックすることができるという仕組みです。この仕組みのお蔭で、ビットコイン取引は情報の改ざんや不正取引などがほぼ不可能であると言われています。

 

マイニングすると報酬がもらえる

 ではマイニングに携わるとどのようないいことがあるのでしょうか。実はマイニングをすると報酬としてビットコインがもらえます。

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、ビットコインは10分に一度新しいビットコインが生まれるようにプログラムされており、このビットコインを目指して世界中の人がマイニングを行います。先ほどご案内したマイニングが成功すると、その新たに生まれたビットコインがもらえるというわけです。

また、世界中ではその10分間で大量のビットコインが取引されています。ビットコインが取引されるたびに、少額の手数料が発生しています。この10分間で発生した手数料も報酬として受け取ることができます。

このようにマイニングに携わると、2種類の報酬を受け取ることができます。

 

マイニング報酬の仕組みについて

 では実際にマイニングの報酬はいくらほどもらうことができて、どのような仕組みになっているのでしょうか。

マイニング報酬は4年に一度半減する仕組み

 マイニングでいつまでも新たなビットコインが生まれてしまっては、ビットコインの市場供給量は増える一方です。しかし、ビットコインの総発行量は2100万枚とプログラムされています。そのため必然的に、マイニングでもらえるビットコインも徐々に減っていきます。このビットコインの発行量が減っていく(正確には半分になる)タイミングを半減期と呼びます。この半減期はオリンピックイヤー、4年に1度訪れます。

2033年に99%のビットコインが発行済みになる

 2009年に取引が開始されたビットコインですので計算していくと、2033年には総量の2100万枚のうちの99パーセントが発行済みになってしまいます。そして2140年に2100万枚すべてが発行されてしまいます。

 

マイニング収益の大半は手数料になってく

 ここで気になるのは、もしすべてのビットコインが発行されてしまったら、マイニングで収益は上げられないの?ということです。先ほどご案内したように、マイニングではビットコイン取引の手数料も報酬として手にすることができます。そのため今後はマイニングの収益の大半は手数料に変わっていくでしょう。

 

個人での参入はほぼ不可能

 そんなにお得な話があるならやってみたい!と思う方も多いと思いますが、実は個人でマイニングにかかわるのはほぼ不可能です。現在は企業がマイニングマシーンを独占しており、個人でマイニングマシンを購入して参入しても、ビットコインを掘り当てることができないのです。

また、AntpoolやGMOなど、投資家から資金を集めてマイニングしている企業に投資するという方法もありますが、一口5億円~とかなり高額です。

 

マイニングで成功しているのは誰か

 

先ほどマイニングは企業が独占しているとご案内しましたが、ではだれがどのくらいマイニングを成功させているのでしょうか。

 

誰がマイニングしているか一目でわかる

Blockchain.info のハッシュレート分布から、マイニングをした企業や団体が公開されています。どのような企業がマイニングに参入しているのか気になる方はこちらから確認してみてください。

blockchain ハッシュレート分布:https://blockchain.info/ja/pools

 

大規模な工場でマイニングをしている

 マイニングを成功している企業は大きな工場でマイニングをしています。下の写真は、KnCMinerというマイニング企業の工場内の様子です。このようにマイニング用の機械を大量に仕入れ、大量に並べて、一斉に計算させているのです。

 

大切なのは「マシン」と「チップ」

マイニングを成功させるには、マイニングをするマシンとその中に入れるチップがカギとなります。マシンは現在最強のBITMAIN、チップはASICを使っているとマイニング効率が上がります。

もともとは普通のパソコンでもマイニングできるものだったのですが、マイニング市場の競争率が高まるにつれ、ビットコインのマイニングに適したマシンが開発され、それに伴いチップも開発されました。

 

マイニングが抱える問題点

 このように聞くと、マイニングっていいことだらけに思えますが、実は問題点も存在します。

多大な電力消費量

 マイニングの機械を動かすには、月約160万円の電気代がかかります。2017年初頭では約29TWh(テラワットアワー)の電力がビットコインに使用されたと推定されます。(Power.Compare.co)

 以下の世界地図において色のついている国の電気使用量は、ビットコインのマイニングにかかっている電気使用量より少ない国です。

 

以下の記事では、ビットコインの電力使用状況について詳しくお伝えしていますので、チェックしてみてください↓

衝撃の電力消費。世界159か国の年間使用量を上回ったビットコインの電力消費量

 

 

問題の根本は、マイニングのルールにある

マイニングのルールとして、より性能のいいマシンとチップで人より計算が速くできる人が勝つ仕組みになっています。つまり、大きな電力を使用し性能のいいマシンをどんどん回すことが大切になってしまうのです。
その結果マイニングは多大な電力消費を必要としていまうというある種の悪循環があるのです。

 

採掘難易度が急上昇し、さらに電力が必要になる

ビットコインのマイニングは、約2週間に一度のペースで採掘難易度が調整されています。これはマシンやチップの性能が上がるにつれ、マイニング能力が高まっていることに関係しています。

この難易度はマイニング完了までに10分間かかるように調整されます。難易度を上げなければ、マシンとチップの性能が上がるにつれ、マイニングにかかる時間が小さくなってしまうのです。この採掘難易度は、blockchain.info というサイトからいつでも確認することができます。

また採掘難易度があがり、それを解くためにはより多くのパワーと電力が必要になります。このようにしてマイニングは多大な電力を必要とするものになってしまっているのです。

引用:https://www.blockchain.com/block chain. Inf

 

 

ビットコインはどこで手に入れるのか

 

取引所で購入する

 ビットコインを今すぐに入手するには現在二つの方法が存在します。一つは誰かから直接もらう方法、もう一つは取引所(または販売所)から購入する方法です。

 取引所でビットコインを購入するには、取引所の口座を開設する必要があります。

 

口座開設は無料で簡単

 この口座開設は無料で簡単に行うことができます。銀行の口座開設と似ていますが、パソコンやスマートフォンから簡単に行うことができます。口座を開く上では目立ったリスクはないので気軽に開設してみてください。

 

お勧めの取引所はビットフライヤー(bitFlyer)

 私たちがおすすめする取引所はビットフライヤーです。ビットコインの国内取引量債一位で、海外にも進出を果たしている唯一の取引所です。初めても方でも安心して利用できる取引所です。

ビットフライヤー(bitFlyer) での口座開設方法! 初めから丁寧に