ビットコインは今から始めたら遅い?! *今からビットコインをはじめる人向け*

ビットコイン始めてみたい気持ちはあるんだけど、もう遅いのかな…?

Q君

ビット君

何でもう遅いの?!
だってもうだいぶ値段も高くなっているし。。

Q君

ビット君

たしかにビットコインが発表されたころに比べたら値段は上がってるね!でも今から始めても遅くないと思うよ!
今回は、ビットコインの将来について考えていきたいと思います!

ビットコインの価格推移

 ビットコインを購入するかしないかで気になるのは、ビットコイン価格の推移だと思います。では、ビットコインはその取引が始まったその日からどのような値動きを見せてきたのでしょうか。

引用 https://blockchain.info/ja/charts/market-price?timespan=all

2009年当初は0.2円

 ビットコインが初めて取引されたのは2009年でした。その当初は、ビットコインを保有している人も少なく、

1BTC=0.2円というとても安い値段がついていました。持っている人がほとんどいないのですから、価値がつかなくても当然ですよね。

 しかし、みなさんのご存知のように、ここから大きく値段が上がっていくのです。

2016~2018年で20倍に

 2009年からスタートしたビットコイン取引ですが、2016年までは価格も大きく伸びることはなく、そして世の中にもあまり広まらずという状態が続いていました。しかし2016年から徐々に値段が上がり始め。2017年の年末には近年のビットコイン価格の極大値を迎え、1BTC=200万円を超える値段がついていました。

 その後コインチェックや、グーグルなどの問題で、価格が急落してしまい、1BTC=60万円まで値を落としてしまいました。しかしそれでも、2016年と比べると、ビットコイン価格は約20倍になっていて、長期的にみるとビットコイン価格はものすごい速度で上昇しているのです。

ビットコインに投資できず乗り遅れる人も多数

 ここまで値段が上がってくると、今後もビットコイン価格が上がっていくイメージがしづらく、ここからビットコインを購入しようという人が出づらくなっているように感じます。

 たしかに、これからあまり値段が上がらないなら投資しても仕方ないか~と思ってしまいますよね。

 では、本当にビットコインはいまから始めては遅いものなのでしょうか。

ビットコインは今から始めたら遅いのか?

ビットコインに批判的な銀行マン、経済学者

 ビットコインはこれまでにない新しい技術です。戦後、管理通貨制度のもとで経済が動いており、その経済システムが永久不滅のものであると信じている銀行マンや、経済学者などはビットコインに批判的な立場をとる場合がほとんどです。

 既存の経済システムを根本から打ち崩そうとしているのですから、抵抗感があっても当然ですよね。特にビットコインは銀行を潰すものなので、銀行マンが嫌悪感を抱くのも当然だと思います。

安い時を見ている人ほど手が出せない

投資の格言に「高値覚え 安値覚え」という言葉があります。価格が安い時を知っている人ほど、昔の値段に戻るかもしれないという期待感から、今の価格で購入することができないで、そしてさらなる上昇を見せるとさらに手が出せなくなってしまい、ずるずるとビットコインの価格が上がるのを眺めているだけになってしまうという悪循環です。

株や為替のように、上がったり下がったりを繰り返せば、まだ下がったタイミングをみて購入に踏み切りやすいですが、ビットコインの場合、基本的には上昇を続け、下がったと思ったら暴落をして不安を煽るので、なかなか投資に新規参入するのが難しいです。

今から始めても遅くない

 しかし、ビットコイン投資は今から始めても遅くはないという見方もあります。確かに過去には1BTC=0.2円というときもありましたが、そこはもう目をつぶりましょう。

 ここから、ビットコイン価格がどうなるのか、どうしてこれから始めても遅くないのか、ご案内していきます。

今からでも遅くないと言える3つの理由

理由① まだまだ市場規模が小さいから

 ビットコインは通常の通貨と違って、発行量があらかじめ決まっています。そのため通貨の発行量によって価値が変わってしまうなどということがありません。このようにビットコインは世の中に有限しか存在しないことから、ビットコインは金に似ていると言われています。

 しかし、ビットコインと金の市場規模を比べてみると、その差は歴然です。金の市場規模は820兆円なのに対して、ビットコインの市場規模はたったの13兆円です。下の図は双方の市場規模を面積で表した図です。

この図からもまだまだビットコインの市場規模は小さく、これからさらに成長が期待できる分野であることが分かります。

理由② ビットコインを使うユーザーが増え続けているから

まずはこのグラフを見てください。これはビットコインを管理するBlockchainというアプリのダウンロード数を表したグラフです。現在は総ダウンロード数が2500万人ですが、右肩上がりのグラフからも分かるように、その利用者は着実に増えていっています。

   でもさ、ビットコインを利用する人が少ないってことは、ビットコインの未来も怪しいのかもとはならないの??

Q君

ビット君

確かに今この瞬間では、ビットコインは世の中に受け入れられている技術とは言いづらいかもね。

ビット君

でもね、ビットコインのこの普及度合いや、価格の推移と、これまでの新技術の発展の様子を比べてみると、面白いことが分かるんだ!

 新しいテクノロジーは基本的に、その普及率と共その市場が大きくなります。下のグラフを見てみてください。これは新技術に対する期待度が時間とともにどのように推移するのかを示したグラフです。

 一般的に新技術が世の中に知れると、人々はその技術に対して過度な期待をして、期待度が一気に上昇する傾向にあります。ビットコインの場合は、その人々の期待が、ビットコインの価格に反映されます。

しかし過度な期待を通り越すと、人々はだんだんと新技術に期待をかけなくなり、幻滅期が訪れます。しかしその後、だんだんとその新技術に関する正しい知識が世の中に浸透し始めると、だんだんと人々の期待値が復活していき、安定して人々に受け入れられていくのです。

仮想通貨に関しては、2017年の年末にその価格のピークを迎え、2018年の前期は、価格が低迷した状態が続きました。これは上のグラフの、過度な期待のピーク時と幻滅期の形によく似ています。

   そしたら仮想通貨は今後ちゃんと人々の間に浸透していくのかな…?

Q君

ビット君

たしかにそればっかりは僕も100%の保証はできない。でも、次のグラフを見てみて!

これはあるものが世の中に普及していく様子をグラフにしたものです。今回はこのあるものを新技術に置き換えてみたいと思います。

 新技術の導入初期は、その技術の開発に携わった人々である、イノベーターの間のみで普及します。その後、その新技術のうわさを聞き付けたオピニオンリーダーが徐々に市場に新技術を広めていきます。ここまでで市場全体の16%の人に新技術が普及したことになります。

 続いて、オピニオンリーダーから話を聞いたアーリーマジョリティが新技術を認識し、一気に市場に広まります。ここでその技術の認知度は一気に高まり、普及率はかなり上昇します。つまり私たちが新たな技術の波に乗るにはこの16%から50%の間にいなければならないのです。

さきほどお見せしたグラフでは、世界人口が約70億人に対して、Blockchainアプリのダウンロード数は約2500万でした。今後ビットコインが世の中に広がっていくとしたら、今はまだビットコインはオピニオンリーダーに独占されている状態であり、今から始めればあなたも16%から50%の爆発的な普及の時期を経験できるかもしれません。

   たしかにあの普及度合いのグラフがビットコインの価格を表していたとしたら、今から始めればまだ値上がりの恩恵を受けられるかもしれないね!

Q君

ビット君

そうなんだ!だからこそ、今から始めるのはちょうど良いタイミングかもしれないんだよ!

理由③ IT市場と同じ軌跡をたどると考えるから

 そうは言っても、実際ビットコインが今後普及していくかは誰も保証することはできません。私たちは残念ながら未来を見通すことはできませんからね。

 しかし、これまでの経験から予測することは可能です。今回はビットコインという通貨の革命に関連して、IT革命時のアマゾンの株価を例に見ていきたいと思います。

下のグラフを見てください。これはアマゾンの株価の推移を表したグラフです。アマゾンの株価も、先ほどの「期待を時間を表したグラフ」のように、一度急騰しバブルを迎えた後幻滅期を経験して、今は安定して価格が上昇しています。

このように、IT革命によって最初は不安定な価格の上昇や下落を繰り返したアマゾン株ですが、ITが広く世の中に知れ渡ったことで、今は安定した値上がりを見せています。ではビットコインの場合はどうなのでしょうか。

IT市場よりスパンが短縮される可能性あり

アマゾン株の株価の推移を見てみると、バブルを迎えてから価格が落ち込む幻滅期を終えるまで、約4年間かかっています。

しかし仮想通貨を見てみると、このようなバブルからの幻滅期までの1サイクルを約1年で経験していることが分かります。下のビットコイン価格のグラフは、アマゾン株とかなり似た形をしているのが分かりますね。

ビットコインなどの仮想通貨は私たちに馴染みのない、新技術ではありますが、今後広く世の中に受け入れられていくポテンシャルはあると考えられます。また、アマゾンの例からも分かるように、仮想通貨が今後安定的な値上がりを見せる可能性も十分にありますね!

ビットコインの価格は今後どうなるのか

 ここからはビットコインの今後について未来予想をしていきたいと思います。もちろんきちんと根拠となるデータもご紹介します!

発行上限まで増え続けるビットコイン

 ビットコインの価値が上昇すると予想する根拠として、ビットコインには発行上限があることです。ビットコインは現在の法定通貨のように、発行しようと思えばいくらでも発行できるものではなく、金のように地球上に存在する量が決まっているのです。そのため、ビットコインの価値はだれにも操作できず、ビットコインに対する需要がある限り一定の価値が保証されるのです。

ビットコインの85% 10年で発行済みに

 こちらがビットコインの発行量の推移を示したグラフです。2009年からビットコイン取引が始まり、2021年までに全体の85%が発行済みになります。この半減期というのは、新たに発行されるビットコイン量が半減するタイミングを指しています。現在(2018/6/11)は2回目の半減期を向けた後になっていますね。

またこのようにビットコインの供給量が増えていき、だんだんと発行上限に近づくにつれて価格も上昇していることが分かります。

引用元 https://blockchain.info/charts

ビットコインの供給量が減り続ける

 ではなぜ、ビットコインはこのような発行の仕方をするのでしょうか。それはビットコインには半減期というものがあるからです。

 ビットコインは10分に一度、クラウド上にポンと新たなビットコインが生まれる仕組みになっています。この新たに生まれるビットコインの量が、4年に1度、オリンピックイヤーを迎えるごとに半分になっていきます。この4年に1度迎えるものが半減期というものです。

 このように、ビットコインの供給量が徐々に減っているのに、ビットコインの需要は高まっているため、現在のように値段が上がっていくのです。

ビットコインの需要が高まる

 では今後もビットコインの需要は高まっていくのでしょうか。それを確認するために、ビットコイン決済ができるお店についてみてみましょう。

 2017年にはビットコイン決済が可能なお店が20万店舗を超え、現在もその数を伸ばしています。その中には、ビックカメラやコジマ、メガネスーパー、HISなどの大企業も数多くあり、今後も様々な企業がビットコイン決済を導入するつもりです。

価格はさらに上昇をしていく可能性

このように、ビットコインに対する需要は今後も高まっていきます。それに反して、ビットコインの供給量は減っていくため、価格は今後も上昇を続ける見込みです。

ビットコインを持つ上で大切なこと

 とはいっても、まだ大丈夫かな、怪しいかなと不安に思うことがあると思います。では、ビットコインを持つうえで大切なことは一体何なのでしょうか。

ビットコインの正しい知識を持つこと

 まずはビットコインについて正しい知識を持つことです。正しい知識がないと、なんでも怪しく見えてしまい、せっかくのチャンスもものにすることができません。

 このサイトを情報収集の場に使っていただいてもよいので、ぜひ正しい知識を入れてみてください。

ビットコインの価値はどうすればあがるのか

 そして、ビットコインの価格上昇に不可欠なのは「ビットコインの需要」です。ビットコインを持つ人、使う人が多くなれば、それだけ需要が高まり価格も上昇していきます。

 まずはビットコインを普及させることが一番大切ですね。

短期的な値動きに翻弄されないこと

ビットコインは短期的にみて、値動きが激しいと言われます。しかし、ビットコインはこれまでも、長期的に見たら右肩上がりになっています。なので、ビットコインは長期保有を前提とし、短期的に値動きに翻弄されないことが大切です。

ビットコインはどこで手に入れるのか?

取引所で購入する

 ビットコインを手に入れるには、仮想通貨取引所の口座を開設する必要があります。この口座を持つことで、その取引所でビットコインを売買することができるのです。

口座開設は無料で簡単

口座開設は無料で行うことができます。銀行の口座とは違い、パソコンやスマートフォンから簡単に行うことができるので、初心者の方も安心して解説していただいて大丈夫です。

お勧めの取引所はビットフライヤー(bitFlyer)

 ビットフライヤーは日本の大手の取引所で、国内のビットコイン取引量No.1の取引所になっています。そのためセキュリティーにも十分に力を入れており、ユーザーも多く、ハッキングなどによる損失にも補償を設けています。そのため初心者の方も安心して利用できると思います。

↓ビットコインの購入はこちらから↓
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

具体的な口座開設方法を画像付きで丁寧に解説した記事はこちら↓↓

ビットフライヤー(bitFlyer) での口座開設方法! 初めから丁寧に