仮想通貨全体の下落の原因 仮想通貨の今後はどうなるの?

コインチェックの事件の後、ビットコイン暴落したよね。。

Q君

ビット君

そうだね。その暴落以来、まだビットコイン価格は回復していないよね。
やっぱりビットコインはよく値段下がるし、危ないのかな。。

Q君

ビット君

そんなことないよ! 実はビットコイン価格の推移をちょっと違う視点でみると、面白いことが分かるんだ!

今回(2018年1月)の下落は特別なのか?

過去にも起こった暴落

これは2014年のマウントゴックスのビットコイン消失事件の後、価格が暴落した時のチャートです。この後、1年近く下落し続け、最大で最高値から87%の下落の記録しています。

2018年初頭の下落は”大暴落”なのか?

 2014年に起こった暴落では、最高値から87%の価格が下落しています。これを2018年初頭の暴落と比べてみましょう。

 2018年初頭の暴落では、元々1BTC=200万円だったので、ここから価格が87%下落すると1BTC=26万円まで下がる計算です。しかし実際は、直近の下落は1BTC =70万円ほどまでしか価格は落ちていないので、以前の暴落にくらべたら、まだ軽いものであったと判断できます。

特別なグラフで、今後の仮想通貨相場を予想

普段のチャートでは不十分?

ビットコインの価格はその知名度とともに上昇しているため、価格は指数関数的に増えていくのが一般的です。

そのため普通のチャートだと、以前の値動きがつぶれて見えてしまい、正確に値動きを読み解くことはできません。

(縦軸の幅が均等なチャート)

しかし、このようなグラフを見るときに大切なのは、絶対値としていくら価格が上下したのかではなく、何%価格が上下したのかを見ることです。

1BTC =1000円が1BTC=1万1000円になった場合と1BTC =100万円が1BTC=101万円になった場合を想像してみてください。

このとき、どちらも1万円の価格上昇になっているので、通常のグラフでは同じ「1万円の価格上昇」として現れます。

しかし価格の上昇率を考えてみると、両者には大きな違いがあるのです。

1BTC =1000円が1BTC=1万1000円になった場合は、1000%の価格上昇ですが、1BTC =100万円が1BTC=101万円になった場合は、価格上昇率は1%です。

このように元値の大きさが違うもの同士の値動きが同じになるはずはありません。大切なのは、何%上昇、下落したかで判断することなのです。

ではあらためて元のグラフを見てみましょう。つぶれて見えにくい部分を拡大してみると、かなりの値動きをしているように見えます。

矢印の期間にビットコイン取引をしている人はこの値動きにひやひやしていたはずですが、今になって振り返ってみると、過去の値動きが小さく見えてしまのです。つまり通常のグラフでは、過去に起こった暴落に気づきにくいという欠点があるのです。 

見にくさを解決する“対数グラフ“とは

 縦軸のメモリの幅に注目してみてください。縦軸の幅に対する値が均等でないことに気づくと思います。二つの矢印は長さが違いますが、どちらも50万円分の幅を示しています。つまり、グラフの上部行くにつれて、同じ価格差でもグラフ上の幅が小さくなるのです。

この対数グラフでは、現在の値動きと過去の値動きを何%の価格変動なのかというフラットな視点で見ることができます。そして現在のビットコインの価格変動は、過去の変動幅に近く何も特別なことはないとわかるのです。

 

対数グラフで、過去のチャートを考察する

参照 : https://www.tradingview.com/ideas/cryptosignals/

このチャートは2009年から現在までの値動きを記録した対数チャートです。このチャートを見てみると、最新の価格の下落(2018年)は、過去の暴落に比べればまだよいほうだとわかります。

ビットコインの歴史は繰り返すのか?

ビットコイン価格は暴落しては、復活してというのを繰り返している。2014年は、1年ほど価格は低迷を続け、その後復活しました。

過去に比べ、素早く回復する可能性について

 大量のビットコインが流出してしまったマウントゴックスの事件の後は、価格が元に戻るまでに1年間かかりました。しかし、人々がビットコイン価格の暴落を何度も経験するうちに、恐怖感をあまり感じなくなり以前よりも早くビットコイン価格が回復する可能性があります。

 2018年1月のコインチェック事件の後、価格は約3カ月たった今でも回復はしていません。これからどのような価格になっていくのか注目です。

回復まで時間を要する可能性について

また、ビットコイン価格が復活するまでに時間がかかってしまう場合もあります。マウントゴックスのような、ユーザーの不安を煽る事件が起きてしまうと、ビットコインへの不信感から価格はなかなか元に戻りません。

 しかし、マウントゴックスやコインチェックの問題は、ビットコインや仮想通貨自体の問題ではなく、取引所の管理の問題ですので、必要以上に不安を抱く必要はありません。

これ以上の値上がりに否定的な意見も

 ビットコインなどの仮想通貨の価格はこれ以上上がらないとする意見もあります。その理由として挙げられているのは、ビットコイン自体に価値がないという点です。

 例えばガソリンというものは、それがあることで車を走らせることができるという価値(付加価値)を持っているから価値がつきます。反対に、何も動かさないガソリンがあったとしても、私たちの生活に特に貢献することがないので価値はあまりないということです。

 ではビットコインはどうでしょうか。現在、ビットコインがなければ機能しない財やサービスは存在しません。

そのため、ビットコインには付加価値がないのだから、これ以上値が上がるわけがないというのが、ビットコインを否定している方々の意見です。

暴落が起きる根本的な原因

 ここではビットコイン価格の暴落がどのようなタイミングで起きることが多いのかを見ていきましょう。暴落が起きやすいタイミングを知っていると、仮に暴落が起きてもすぐに対応ができるので安心です。

暴落が起きやすいタイミング

 価格の暴落が起きやすいのは、数カ月で価格が2、3倍になったときです。そもそもビットコインの価格の下落というのは、つまりビットコインの価値が下がっているという意味です。

 当たり前のことですが、ビットコインの価値が本来の価値を超えて、本来の価値以上の価値を持ってしまったら、いずれその価値はもとの適正な価値に戻ろうとしますよね。これがビットコイン価格の暴落の仕組みであり、世に言うバブルというものです。

仮想通貨の価値とは何か?

 ビットコインの価値は何によって決定されるのでしょうか。先ほど、ビットコイン反対派の意見の中で取り上げたように、ビットコイン自体にものすごい付加価値があるかと言えばそうではありません。なので、ビットコインの価値は、「世の中でどれだけ使われるか」という部分に依存します。
要するに世の中で普及すればするほど、その価値は上がるというわけです。

価値に見合わない価格が付くと暴落する

では、以前のようにビットコイン価格が数カ月で2,3倍になった時を思い出してみましょう。ビットコインの価値(=価格)は世の中にどれだけ普及したかに依存するのですから、価格が2,3倍になったということは、ビットコインを使う人が2、3に増えたと言ことでしょうか。または、世の中のビットコインで決済できるお店がその数カ月で2,3倍に増えたということでしょうか。

答えはNoですね。このようにビットコインの本来の価値以上の値段がついてしまうと、その後やばい行き過ぎた、ということで価格が下落して元に戻ろうとするのです。

このようにビットコインは価格が上昇しすぎるプチバブルが起きては価格が下落するというのを繰り返しています。しかし、ビットコインは確実に世の中に普及し続けているので、長期的にみればビットコインの価格は上昇し続けているのです。

ビットコインはバブルなの?? BTC保有者として持つべき考え方とは

 

仮想通貨は長期保有がおすすめ

長期的には価格が上昇

 ビットコインはすでにご案内したように、長期的に価格が上昇しているものです。その普及度合いと主に、ビットコイン、仮想通貨の価値が上がると価格も自然と上がるので、短期的にみてしまうとビットコイン投資はうまくいきません。目の前の価格の上下動に振り回されないのが大切です。

初心者におすすめの投資方法を紹介した記事は以下の記事で紹介しています↓↓

現役トレーダーが投資方法を紹介! *初心者にオススメの仮想通貨投資法は?*

仮想通貨の購入は“取引所”

ビットコインはビットフライヤー 

 ビットコインの購入はビットフライヤーがおすすめです。ビットフライヤーは国内のビットコイン取引量がNo.1で、日本の科取引所で唯一海外展開を成功している企業です。

 そのためユーザー数も多く、セキュリティー体制もしっかりと整っているので、初心者の方でもトレードしやすい取引所になっています。

↓ビットコインの購入はこちらから↓
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

アルトコインはビットバンク

 ビットバンクは唯一アルトコインの取引所を持っている会社です。通常はアルトコインは販売所からしか購入することができなかったので、手数料がかなり取られていましたが、ビットバンクではほとんど手数料を取られることなく、アルトコインを売買することができます。

↓ビットバンクの口座開設はこちらから↓ 

取引所の口座開設方法は?

ビットフライヤーの口座開設方法をはじめから丁寧に解説した記事はコチラ↓↓

ビットフライヤー(bitFlyer) での口座開設方法! 初めから丁寧に

 

ビットバンクの口座開設方法を初めから丁寧に解説した記事はこちら↓↓

ビットバンク(Bitbank)*わかりやすい口座開設の手順をはじめから丁寧に*