仮想通貨や取引所は英語でなんて言う? 英語で仮想通貨を語ってみよう!

仮想通貨は英語でなんて言う?

Cryptocurrency

仮想通貨は、英語ではCryptocurrencyと言います。Currencyは通貨という意味ですがCryptoはどういう意味の言葉なのでしょうか。

英次郎on the webでは、

Crypto : 1. 秘密の、内密の

      2. 暗号文の、暗号法の

となっていて、「仮想」という意味はありません。では国際的には「仮想通貨」ではなくどのような意味があるのでしょうか。

直訳では「暗号通貨」

Cryptocurrencyの本来の訳し方は暗号通貨です。しかし日本では、仮想通貨という言葉で定着してしまいました。仮想通貨を英訳すると、virtual currency となり、海外ではあまり使われていない表現になってしまいます。

海外ニュースでは必ずと言っていいほど、Cryptocurrencyと言われており、Japan timesなどの日本が関係するメディアではVirtual Currencyと訳されることがあります。

様々なその他の表現

仮想通貨の英訳は、本来はCryptocurrencyですが、たまにCrypto CurrencyやCrypto-currencyとなることもあります。また、日本が関わると、Virtual Currencyとなる傾向がありますし、他にはDigital Currencyや、P2P(peer-to-peer) Currencyと表現される場合もあります。

*P2P(peer-to-peer) Currencyはビットコインを支える技術、ブロックチェーンで使われているシステムのことに由来します。

英語では同じ表現を使い続けるのを嫌うので、一つの記事の中でこのように表現を変えて出されることが多いです。

仮想通貨と英語の関連性

 こちらでは仮想通貨関係の英単語をご紹介しています。中には聞きなれない単語や、投資や金融の世界特有の表現がありますのでチェックしてみてください。

仮想通貨関連の英語

  • マイニング mining
  • 取引所 (an) exchange
  • 口座 (an) account
  • 売る sell
  • 買う buy
  • 送金する send/transfer
  • 価格の上昇(ドルに対しての円高ならぬ円に対してのビットコイン高)appreciate
  • 価格の下落(ドルに対しての円安ならぬ円に対してのビットコイン安)depreciate
  • ブロックチェーン技術 blockchain technology
  • 投資 investment
  • 空売りする short    
  • 価格の不安定さ volatility

仮想通貨と英語

では仮想通貨関係の英語を理解するのは必要なことなのでしょうか。実は、仮想通貨に関する情報の90%は英語で発表されます。そのため仮想通貨の世界で活躍するには英語力は不可欠です。

ビットコインなどの「マイニング」その語源

ビットコイン関係のワードで「マイニング」というものがあります。マイニング(Mining)は本来「掘る・採掘する」という意味ですが、デジタル上にある仮想通貨にどうしてこの言葉が用いられているのでしょうか。

 ビットコインは10分に一度、クラウド上に新しいビットコインが生まれるようにプログラムされています。この時にビットコインはハッシュ関数と呼ばれるものに覆われて出現します。私たちは中に入っているビットコインを手にするために、このハッシュ関数の問題を解かなければなりません。

 この作業がマイニングと呼ばれるものです。

 約200年前、アメリカでゴールドラッシュと呼ばれる時代がありました。当時は一般人でも金山に出向き、つるはしを持って金山を掘り(マイニングし)、金を掘り当てることでお金持ちになれるという時代でした。

 現在はビットコインでこれと同じことが起きています。つるはしではなくコンピューターを用いて、金山ではなくハッシュ関数を掘ることで、金ではなくビットコインを手にするのです。

 これは現代のゴールドラッシュと呼ばれています。

マイニングについてもっと知りたいという方はこちらの記事を参考にしてみてください!

ビットコインのマイニングとは? 初心者でも簡単にわかる、マイニングの仕組みについて

ビットコインの将来性と外国人

2020年に向けて訪日外国人が増加

 2020年、東京でオリンピックが開催されます。それに伴ってたくさんの外国人が日本を訪れるでしょう。

ではこれに対して日本政府はどのように対応するのでしょうか。経済産業省と金融庁のホームページでは、オリンピックに向けてキャッシュレス化を促進していきます。とあります。では外国人は彼らの通貨を日本円に変えて、Pontaカードに入れてキャッシュレスなのでしょうか?ちがいますよね。ここで登場するのが世界共通の通貨であるビットコインです。もしかしたら国も水面下でビットコインの普及のために動いているのかもしれません。

仮想通貨リテラシーをつける

 では今後ビットコインが普及するにあたって必要なことを考えていきましょう。

まずはビットコインや仮想通貨についてきちんと理解することが大切です。

 早いうちからビットコインや仮想通貨を理解していると、今後たくさんの人にビットコインとは何かを聞かれたときに情報を提供することができます。それがビジネスチャンスになるかもしれません。また、そのようにビットコインの議論をするのは日本人とだけではなく、外国人とのやり取りも今後増えていくので、英語力をつけるというもの大切です。

ビットコインについて英語で語ってみよう

 

ここからはビットコインに関する英語を体験してみようというコーナーです。実際にどのような英語が使われているのでしょうか。

ビットコインとは What is Bitcoin?

     “Bitcoin” is one of the cryptocurrencies, and just like its name, it is not a insubstantial currency.

Then, how much does this “Bitcoin” cost?

Actually, 1 Bitcoin costs about 92million yen (present price in 2018/March 9th), which is a high price trade.

ビットコインにはなぜ価値があるのか What are the Value of Currencies ?

     Specifically, what are the value of currencies Yen and dollar holds?The essence of a currency`s value lies in its “Trust”.Because there is “trust” in these currencies, it enables to keep the value in secure. For instance, with Yen, it is possible for people to exchange services or shop for goods anywhere within Japan. The reason being that, Japan is the issuer of the  currency and guarantees its certain exchanges with goods and services, it allows the citizen`s to have trust in it. By doing so it establishes the value in Japanese yen. On the other hand Bitcoins are not issued by any company nor a country. Then how in the world is it going to gain trust from people? Or develop any value what so ever?

The Bitcoin`s Value

     The currency`s value will only be developed by having people to trust the system, in which the Bitcoin is run by.It is a system called the “Block Chain”. It is also a similar secure system that performs the same functionality as to what a government bank would do.

That sounds like a complicated system…

Q君

ビット君

It might be hard to understand the structure itself, but it`s not so hard to understand what the Block Chain is.

This system is;

・leaving all history of trade in record

・impossible to tamper history of trade

This is a technology that enabled these two factors. Trading records are broken up into indefinite number of databases, adopting a structure that cannot be tampered with. We believe that this is what`s going to make Bitcoin gain its trust from people, and holds value as a currency. Also, there are other advantages that we believe is going to gain people`s trust. Which are these factors,

・unable to counterfeit the currency

・no manipulation of value

・limited amount of issue

Well, I`m not so convinced to be honest…

Q君

ビット君

I hear you, Bitcoins could be a little complicated. But let me guide you through the 3 advantages with more details.

Not possible to counterfeit

Bitcoin is a virtual currency, technically speaking it is impossible to counterfeit it. But substantial currencies like yen and dollars are easily done. In the past, there was an incident where plenty of counterfeit bills were spread out. Meanwhile with Bitcoins using the Block Chain system, its structure will allow all users to identify the participant`s past trade records. Therefore, it will be impossible to counterfeits or tamper past trade history to get bitcoins unfairly.

No Value manipulation

As mentioned before, Bitcoins are not issued by any particular country nor company. Even if it was, in order to deliberately increase or decrease the amount of currency depending on the economy and circumstances, the trust and value could be manipulated, which can become a major disadvantage to the possessor.On the other hand, Bitcoins are ran by the Block Chain system, and the amount of issue is decided by the program.The amount of the distribution is not increased or decreased by a country nor a company`s speculation, therefor the trust and value is not manipulated.

Limit in Number of Issue

The limit of the Bitcoin`s issue amount is predetermined in advance. The gross amount being 21 million of it. This sort of issuance limit was established because at the beginning of the planning, it was aimed to make a currency that will not fundamentally cause an inflation. As of December 2017, there has been about 17 million Bitcoins issued so far. In 2140, it is estimated that it will reach the limit of 21 million Bitcoins. By specifying clearly on how much the amount should be issued, it will bring scarcity value. There is value due to the limited number of it.

Conclusion

The virtual currency which is Bitcoin, a unsubstantial money. Its value lies in the mechanism of the Bitcoin itself, and the Block Chain which is the core system that will be supporting the currency`s value. In recent years it has been spreading rapidly, and it is becoming more recognized worldwide. It is believed that,Bitcoin`s value as a currency will rise up more and more in the future.

 

日本語版

そもそも価値とは?

円やドルなどの通貨の価値とは具体的にどういったものなのでしょうか?通貨の価値の本質はその「信用」にあります。通貨には「信用」があり、それによって価値が担保されています。具体的に、通貨にはほかのものと交換できるという信用があります。円なら、日本国内のほとんどのお店でモノ、サービスと交換することが可能です。これは、円が日本政府の発行する通貨であるからです。日本政府が円を発行し円によるモノやサービスとの交換を保証しているため、国民がそれを信用しており、円に価値が生まれるのです。

 しかし、ビットコインは国や企業が発行しているわけではありません。一体どのように人々の信用を得て価値が生まれているのでしょうか?

ビットコインの価値

ビットコインは、ビットコインが稼働しているシステムが信用されていることで価値が生まれています。このシステムがブロックチェーン(※SmartBitNewsのブロックチェーンを説明するURLを埋め込んで欲しいです)というシステムです。ブロックチェーンは政府銀行と同じような役割を担っている中央管理システムでになります。このシステムは、

  • 取引履歴がすべて記録として残っている
  • 取引履歴の改ざんが不可能

この二つを可能にした技術です。取引記録が不特定多数のデータベースに分散され、改ざん不可能な仕組みを存在していることで、人々のビットコインに対する信頼が生まれ、通貨としての価値が生まれているのです。また、ビットコイン自体にも人々の信用を得る特徴があります。それは、

  • 偽造をできない
  • 発行元がいない
  • 発行量に上限がある

上記の3点です。

偽造をできない

ビットコインは仮想通貨であり、技術的に考えて偽造することは不可能です。ドルや円などの実体のある通貨の偽造は容易にでき、過去に沢山の偽札が出回る事件がありました。しかし、ビットコインは実体のない架空の通貨であり、偽造をするのは非常に難しいのです。また、特定の国や組織が関わっていたならば、密かに偽造したりすることは可能でしょうが、ビットコインには特定の国や組織が関わっておらず、ブロックチェーンを利用して過去の取引記録を複数の参加者が確認して認証する仕組みになっています。よって誰も偽造したり、過去の取引履歴を改ざんすることはできません。

発行元がいない

先にも述べましたが、ビットコインは特定の国や企業によって発行されていません。仮に国や企業が発行していた場合、景気や状況に応じて通貨量を意図的に増減させるため、信用と価値は一定にならず、所持者にとっても大きなデメリットとなります。しかしビットコインは、ブロックチェーンというシステムによって運営されているため、一定のスピードで発行され続けています。国や企業などの特定の組織の思惑によって、流通量が増減しないビットコインは、信用と価値が一定になるのです。

発行量に上限がある。

ビットコインの発行量は、あらかじめ上限が決められています。その総量は2100万枚です。設計当初からインフレが根本的に起きない通貨を作ることを目的としたビットコインは、インフレ抑制をビットコイン上限設定に委ねています。2017年12月時点で、約1700万枚発行されています。2140年には上限の2100万枚に達するといわれています。発行量の上限を明確に定めることによって、希少価値がもたらされているのです。有限であるため、価値があるのです。

まとめ

実体のないお金である仮想通貨のビットコイン。その価値はビットコインを支える中心的なシステムであるブロックチェーンとビットコインの仕組み自体にあります。近年急速に普及しており、通貨のひとつとして世界中で認知されるようになってきています。今後、ビットコインの通貨としての価値は更に上昇していくと考えられます。