ビットコイン投資の始め方は? まず何をしたらいいの?

現在、日本国内だけでなく世界中で急速に普及しているビットコイン。興味はあるけど始め方がわからない.. そんな人はいませんか?実はビットコインはとても簡単に始められます。今回は、ビットコインの投資の始め方を説明します!

まず何から始めればいいの?

  • 手順1
    ①口座開設
    氏名、生年月日などの基本事項を入力します。
  • 手順2
    ②本人確認
    SMS認証や、はがきを用いた住所確認などがあります。
  • 手順3
    ③入金
    開設した口座に入金します。
  • 手順4
    ④取引開始
    入金が口座に反映されたら取引開始です。

ビットコインを始めるにはまず取引所で口座を作る必要があります。銀行で口座を作るのと同じような感覚で認識していただいて構いません。ですが、銀行口座と比べて遥かに簡単でスピーディーに進められます。

 

①口座の開設

ビットコイン取引をするにはまずは口座を開くのかな…?

Q君

ビット君

そうだよ!利用する取引所を選んで、口座を開設しよう!

・取引には口座が必要

上で説明したように、ビットコインの取引にはまず取引所において口座の開設が必要です。銀行口座を作るのと似ていますが、お店に出向く必要がなくインターネットで作ることが可能です。口座を作る際に必要なものは本人確認書類(運転免許証、パスポートなど)と携帯電話(電話番号認証のため)です。口座の作り方については後ほど説明します。

取引所一覧

世界にはたくさんのビットコイン取引所があります。日本国内でビットコインの取引ができる取引所は以下の通りです。

MEMO
取引所一覧

・bitFlyer
・bitbank
・Zaif
・GMOコイン
・QUOINE
・BitTrade
・Coincheck
・DMM Bitcoin

取引所によって取り扱っている仮想通貨や、特徴が異なります。自分に合った取引所を選びましょう。私たちのおすすめする取引所の選び方についての記事もありますのでご覧ください!

仮想通貨取引所 *取引所選びの3つのポイントとは?*

口座開設の一連の流れを説明

まずメールアドレスを入力し、確認メールが届きます。そのメールにあるURLに飛び、指示に従い進みます。次に名前や住所などの基本情報を入力します。これで口座開設は完了です。ビットコインを売買するには次のステップ、本人確認に移ります。口座開設について画像付きで詳しく説明している記事はコチラ↓↓

ビットコインの取引にお勧め!ビットフライヤーの口座開設方法はこちら↓↓

ビットフライヤー(bitFlyer) での口座開設方法! 初めから丁寧に

 

②本人確認の作業

本人確認ってどうやってやるの??どこかに出向いたりとか。。

Q君

ビット君

本人確認は実はすごく簡単にできるんだよ!

 次に本人確認です。ビットコインを始めるにあたり一番重要なステップなので、しっかり読んでいただきたいです。

本人確認作業の意味

 本人確認は、2017年4月1日の法改正により義務付けられたもので、ビットコイン等仮想通貨の全取引所共通のルールとなっています。目的は、利用者の保護と不正利用やマネーロンダリングの防止です。それまでは簡単な登録だけで仮想通貨の売買ができたので、本人確認をすることでこうした犯罪を防ぐ狙いがあります。

本人確認で認められるもの

 本人確認で利用できるものは以下の通りです。

  • 運転免許証
  • パスポート(日本国が発見する旅券)
  • 個人番号カード
  • 住民基本台帳カード(顔写真あり)
  • 各種健康保険証
  • 各種年金手帳
  • 住民票の写し
  • 印鑑登録証明書
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 外国公的書類(海外外国人用)

どのくらいで承認されるのか

 本人確認書類を提出してから承認されるのは、早くて翌日になります。土日や祝日を挟んだりすると若干遅くなるようです。また、混雑状況によっても時間が前後します。

本人確認が完了すると、取引所からハガキが送られてきます。このはがきを受け取ることで、本人確認は完了となります。仮想通貨の売買やその他の機能を全て利用することが可能になります。

本人確認の方法を解説 仮想通貨取引所開設はどのような仕組みで行うの??

 

③入金について

次は入金の方法かな?

Q君

ビット君

そうだね!入金方法の説明に行こう!

 入金に移りましょう。入金をすることで初めてビットコインを購入できるようになります。こちらも大事な工程ですので十分確認して頂きたいところです。

入金とは?

入金は、ユーザーが登録した自分の口座からユーザーの取引所の口座に振り込むことです。そうすることによって、ユーザーの取引所の口座に日本円が入金されビットコインやその他アルトコインを購入できるようになります。入金方法には2種類あり、通常入金とクイック入金があります。

通常入金

通常入金についてです。初めに登録した銀行口座から、bitFlyerに指定された「お客様用日本円振込先」の口座に送金することで入金が完了です。後日入金が反映されます。反映されるまでの時間は、登録した銀行口座や混雑状況によって異なります。振り込みの際の手数料も銀行口座により異なります。所有の銀行口座の手数料の詳細をご確認ください。

 こちらはビットフライヤーの入金画面になります。入金する資金の振込先として、ビットフライヤー(bitFlyre)では三井住友銀行、住信SBIネット銀行、ビットバンク(Bitbank)では住信SBIネット銀行が利用できます。

これらの銀行口座をお持ちの方は振り込み手数料がかかりません。また住信SBIネット銀行はほとんどの取引所で取り扱いがあるので、利用する銀行として強くおすすめできます。

 また、住信SBIネット銀行で入金すると、24時間365日いつでも入金が反映されます。しかし他の銀行だと、営業時間外では入金が反映されません。なので取引所への入金の際には住信SBI ネット銀行がおすすめです。

しかし、住信SBIネット銀行の口座を持っていないが銀行の営業時間外に入金したいという方もいらっしゃると思います。そんな方のためにあるのが次にご紹介するクイック入金です。

クイック入金について

・クイック入金の種類

 クイック入金は24時間365日日本円を入金することができるサービスです。ネットバンクからの入金、コンビニ決済、Pay-easy入金などさまざまな方法があります。

・ビットフライヤーのクイック入金について

 ビットフライヤーでは、ネットバンクからの入金、コンビニ決済、Pay-easy入金の3種類が利用可能です。これらの機関を利用することで口座への入金を24時間365日行うことができます。

インターネットバンキングの入金は以下の種類から選ぶことが可能です。

インターネットバンキングからの振り込みができる銀行は、じぶん銀行、住信SBIネット銀行、イオン銀行、ジャパンネット銀行が利用可能です。

・コンビニ決済

コンビニ決済が可能なコンビニエンスストアは、ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクス、ミニストップ、デイリーヤマザキ、スリーエフ、セイコーマートになります。

・クイック入金手数料は324円

 クイック入金手数料は、コンビニ決済やネットバンク振り込みなどの入金方法を問わず一律で324円です。
また、ビットバンクはクイック入金のサービスはありません。

 

④取引開始

ここまでで準備は完了かな?

Q君

ビット君

そうだね!いよいよ取引開始です!

 入金が完了したところでいよいよ取引開始です。さっそくビットコインを購入しましょう。

取引の方法

 取り引きの方法にはいくつか種類があります。詳しく書いた記事があるので是非こちらをご覧ください。

ビットコインを買いたい! 取引所の使い方を画像付きで丁寧に

取引手数料について

取引手数料についてです。取引手数料はビットコインを売買する時に発生しますが、ユーザーの直近 30 日の取引量によって変わります。直近30日の取引量が10万円未満だと0.15%、5億円以上だと0.01%となり、取引量が多ければ多いほど安くなります。

取引所 手数料率
bitFlyer 0.01%~0.15% 
Zaif -0.01%
DMMbitcoin  無料

 

投資初心者にオススメの投資法

でもなんかどうやって投資をしたらいいのかわからないな。。いつ買ったらいいのかとか。。

Q君

ビット君

初めてだとよくわからないよね。。ここからはおすすめの投資方法をご案内します!

投資法① 長期投資

 ビットコインの値動きは短期的にみると非常に激しいです。そのためビットコインに投資をすると、目の前の値動きに翻弄されてしまう人が少なくありません。しかし長期的にビットコインの価格推移を見てみると、だんだんと価格は上昇していることが分かります。そのため、ビットコイン投資が初めての方は、目先の価格変動にとらわれず、長期保有して成果が出るのを待ちましょう。

投資法② 積立投資

 2つ目のオススメ投資方法として、積立投資というのがあります。この積立投資では、現在まとまった資金がない方でも資産形成ができる投資方法です。
例えば1カ月に1度1万円を投資していくなどというように、定期的に一定額を投資していくのです。

 これは毎月一定のお給料が入るサラリーマンやOLの方におすすめの投資方法です。そしてこの投資方法はとても理にかなった投資方法でもあるのです。

 この積立投資を支える仕組みとして挙げられるのが、「ドルコスト平均法」という理論です。株式や仮想通貨など値動きが絡む投資では、値段が安いときに買って、高くなったら売るというのが鉄則です。そしてこの「ドルコスト平均法」では、定期的に一定の額を投資することで、自然に値段が安いときに多く購入し、高いときには少なく購入するという鉄則が守られるのです。

 例えば資金が毎日定期的に100円投資する積立投資を考えてみましょう。1日目の1BTCが8円だった場合、100円の投資額に対して割安になるので、12.5枚購入することができます。しかし2日目に価格が12円に上昇した場合、100円の投資額では8.3枚しか購入することができません。

 このように、価格が安いときは必然的にたくさん購入することになり、値段が高いときは少ししか購入できないという仕組みになります。これは投資の鉄則である値段が安いときに多く購入し、高いときには少なく購入するということも満たしており、投資が初めての方にはよい投資方法ではないでしょうか。

★初心者にオススメ★ 仮想通貨の積立投資を始めたい方はコチラ↓↓

 

いくら必要?

ちなみにさ、ビットコインっていくらから購入できるの??

Q君

ビット君

実は最低数円から購入できるよ!

 ビットコインを購入するには一体いくら必要なのでしょうか?実はとても少ない額からでも購入することができます。

最低1円から購入可能

ビットコインには1億分の1まで単位があり、bitFlyerの販売所では最小単位(0.00000001BTC)からの購入が可能です。また、取引所では0.001BTCからの取引が可能です。実際に先ほど試したところ、0.000001ビットコインを1円で購入することが出来ました。かなり少ない額からの購入が可能なのでリスクも少なく安心してビットコインに投資ができますね。

またビットバンクとザイフの取引所でも同じように、0.001BTCから購入が可能です。

購入金額以上の損失はでるの?

 ビットコインで投資した金額以上の損をすることはありません。例えば100万円分のビットコインを購入して、仮にビットコインの価格が0円になったとしても、被る損失としては投資した100万円が返ってこないというだけで、それ以上の損失は発生しません。

 しかし、仮想通貨取引でレバレッジをかけて取引をしている場合は注意が必要です。その場合は拠出した額以上の損失が出てしまうことがあるので注意してください。

レバレッジ取引についてはこちらの記事をどうぞ。

レバレッジをかける取引とは? レバレッジってそもそも何?? 

誰でもすぐに購入できる

ここまで読んでいただきありがとうございました。ビットコインの投資の始め方がわかりましたか?誰でもすぐに購入できることを分かって頂いただけでも幸いです。簡単に口座を開くことができ、1円単位から投資できるビットコインは非常に魅力的ですよね。この記事を見てビットコインに興味を持った方は、この機会に是非始めてみてはいかがでしょうか?

ビットコインの購入単位はいくらから? 少額からでも始められるビットコイン

 

ビットコインを初めて購入したい方はビットバンクがお勧め★

↓ビットバンクの口座開設はこちらから↓