SKILLCOIN ~新入社員の能力値が不透明!雇用での情報の非対称性とミスマッチを防ぐスキルコインとは~

 

プロジェクトゴール

 個人が持つスキルや職務履歴をブロックチェーン技術によって客観的に証明する機能を有し、信憑性の高い人材情報によって雇用者と被雇用者の間のミスマッチの問題を解決すること。

 そして世界の失業率の低下に貢献すること。

 

人材サービス産業の抱える課題

企業と求職者のミスマッチが問題に

 人材サービス産業の世界市場規模は40~50兆円と推計されています。

しかし、そこで企業が人材に求めるスキルと就職希望者が実際に有するスキルとのギャップに起因するミスマッチが問題になっています。

 

人材事業者が得する“中央集権的”人材管理

 人材仲介業者の仲介手数料は求職者の年収の30%~35%程度とかなり高額になっています。

 これは仲介業者が中央集権的に人材を管理しており、事業者が人材の流動性を高めることでより利益を上げるための仕組みになっています。

 そのため適切な人材のマッチングは二の次になってしまう可能性があるのです。

 

SKILLCOINが提供するソリューションとは

求職者のスキルを“証明”する

 求職者のスキルや職歴、保有資格などを客観的に証明するために、その人物をよく知る第三者によって内容が適切であることを証明する機能をSKILLCOINに実装します。

 またその情報を必要に応じて可視化することで人材の適切なマッチングを実現するプラットフォームを作り上げます。

情報はブロックチェーン上で改ざんが事実上不可能に

 求職者の情報を証明するために、その人を良く知るメール等でリクエストをします。リクエストされたユーザーは内容を確認し、問題がなければ承認をします。

 2名以上の証明が得られるとデータがハッシュ化され、改ざんが事実上不可能になります。

 

プラットフォームの拡張も可能に

スキルシェアリングプラットフォーム

 人材仲介の他にもSKILLCOINを決済通貨として、個人に仕事を依頼するプラットフォームが構築可能です。依頼者、請負者の取引情報はブロックチェーン上に管理され、されに請負者はその仕事を実績として残すことができます。

学習プラットフォーム

 同様にSKILLCOINを用いてスキルアップを目的とした学習プラットフォームも作成可能です。講師と生徒の間の契約や口座の評価などはブロックチェーン上にきちんと記録され、講師の実績として保存されます。

 また生徒側にも受講記録が残る形になります。

 

SKILLCOIN情報

プラットフォーム イーサリアム
タイプ ERC223
発行枚数 30,000,000,000枚
ICO供給枚数 7,500,000,000枚

 

SBN編集部の独り言…

 ここからはこのICOプロジェクトに関して、Smart Bit News編集部よりコメントをしています。

*ICOへの投資の勧誘や値上がりを保証するものではありません。

 

短期的な価格変動に関して

投資家が投げ売りしない仕組みがあるか

 人材マッチングサービスは2019年にローンチ予定であるため、今すぐにコインが使用できる場があるわけではありません。

 しかしSKILLCOINはその性質上、人材マッチングサービスを利用したい人々などサービスに関心がある人しか購入しない(長期的に保有しない)と考えられるため、過度な売り買いは少なくなるのではないかと考えられます。

価格統制(買い支え等)のための資金の確保

 SKILLCOINの初期流通量は総発行量の4分の1であり、事実上4分の3を事業体が管理できるような配分にしています。そのため資金を柔軟に使うことができる体制をとっているのではないでしょうか

長期的な価格変動に関して

トークンを作る意義(トークナイゼーション)

 このプロジェクトではトークンというよりは、適切な情報を実装することとそれを改ざんができないことを、ブロックチェーンを用いていることに一番の意味があるように思われます。

 また昨今は人材マッチングやスキルシェアリングもグローバル化していて、海岸の人材とつながりたいケースも数多く存在すると考えられるので、

トークンの作る生態系(トークンエコノミー)

 SKILLCOIN自体は、決済やリワード、システムの利用料などに使われるとホワイトペーパーにあますが、実際に給与の支払いが定期的に行われるわけではないため、あまり大きな生態系は作られないように感じます。

マーケットメイク戦略

 必要な時に企業等がSKILLCOINを購入し、人材を紹介と引き換えに支払うだけなので、取引が活発に行われないのではないでしょうか。

 裏を返すと、ユーザーが広まると同時に徐々に価格が上がるコインとなり、急騰も暴落もない静かな価格変動を起こすのではないかと考えられます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です