FINNEY ウォレットの初期設定方法 ~ブロックチェーンスマホの初期設定~

FINNEYを購入した方向けにウォレットの初期設定方法を掲載します。

ウォレットの初期設定

ウォレット設定前、セーフスクリーンは起動しない

ウォレットの初期設定をする前は、写真のようにセーフスクリーンをスライドさせても起動しません。待っていても何も表示されないので、正しい手順でウォレットの初期設定を行いましょう。

まず、FINNEYWalletアプリをタッチしてウォレットの初期設定画面に行きます。

アプリ起動後、利用規約を確認

続いて、ウォレットの利用規約に確認し、「同意」します。

 

セーフスクリーンを上げる

セーフスクリーンを上げ、次の操作にうつります。

 

セットアップを選択してタッチ

「セットアップ」をタッチします。

パスワードを決める

送金や、受信の時に使うパスワードを決めます。パスワードは4桁以上で設定することはできます。5桁、6桁にするとさらに安全性が高まります。

 

【最重要】ウォレットのバックアップ設定

ウォレット初期設定において最も大切な部分です。

24個の英単語を紙に書き留める

ウォレットの初期設定に最も大切な作業です。セーフスクリーンに英単語が1つずつ、24個出てきますので全て紙に書き留めてください

英単語を写真で取ったり、携帯のメモなどのデジタルデータにはせず、紙に書き留めてください。

この英単語を記録した紙を持っていれば、FINNEY紛失・破損した際にでもウォレットを完全に復旧することができます。

逆に、このパスフレーズが他人に知られてしまうとウォレットの中の暗号資産をすべて盗まれてしまいます。必ずこの紙は安全なところに保管してください。

MEMO
メモの例 

以下の写真のように、必ず。24個の英単語を紙にメモしてください。(この英単語は一例です)

英単語の確認を行う

英単語を書き写した紙を見ながら操作を行います。セーフスクリーンに英単語3つ表示されますので、先ほどメモした英単語を選択していきます。

例えば、先ほど24個あるうちの1個目の英単語は「wisdom」でした。ですので、以下の3つの中から「wisdom」をタッチします。

このように24個の英単語について確認作業をします。途中で間違えると、1つ目に戻ってしまいます。

ウォレットのアップデートを待つ

ウォレットのアップデートを待ちます。大体3分~5分ほど時間がかかります。この際にセーフスクリーンが閉じないよう注意してください。

 

初期設定が完了

以下の図のような画面になれば、初期設定は完了です。暗号資産の送受信は自由に行うことができます。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です